PS4のシェア機能に無限の可能性を感じた件

ps4_20140918

PlayStation4のシェア機能を利用されている方は多いと思います。

PCを使わずにPS4からゲーム動画をYouTubeなどにアップロードしたり、フレンドにゲームを自分の代わりにプレイしてもらったり、Twitchを使用して生放送をしたり新しいゲームの遊び方という感じがしますね。

さて、このシェア機能を使ってプレイ動画をスタジオに集約して行うイベント「PlayStaion4 ONLINE STADIUM DREAM MATCH feat. Destiny」が12月7日に開催されました。

Destinyドリームマッチが終了。弟者、惜しかった!

ダステルボックス、がち芋、兄者弟者など有名ゲーマーが参戦しました。

photo credit: jfingas via photopin cc

スポンサーリンク

シェア機能を使った新しいゲームの遊び方

私の中ではシェア機能はYouTubeに動画をアップする、自分がクリアできないゲームを友達にクリアしてもらう為だけの機能だと思っていました。

でも、そうではなくて今回のドリームマッチのようなイベントも行えるようです。

有名ゲーマーに交じって一般プレイヤーも一緒にプレイすることができました。

同じ場所にいなくても全国バラバラの場所にいながら、こういった大会が開けるのは面白いですよね。

シェア機能がゲームに無限の可能性をもたらすかも

ゲームの遊び方の幅がシェア機能を使う事で広がりそうですよね。

オンラインで色々な人と遊ぶことはもう当たり前ですが、PS4のシェア機能のPV「エイムの女神」のゲーム道場のようなことが現実でもあり得るかもしれません。

初代PlayStationが発売されて20周年を迎えましたが、この20年でゲームは大きな進化をしましたね。

また10年後、20年後はどうなっているのでしょうか。今後のゲームの発展に期待です。

【PS4関連記事】

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

渡瀬公一

Game is Best(ゲームイズベスト)管理人の渡瀬公一(ワタセコウイチ)です。FPSが大好物。CoDWWII発売が楽しみ!※名前は本名ではありません。ハンドルネームです。プロフィール画像は素材サイトぴよたそ。