ゲーム配信しているとミスったときに言い訳ばかりしてしまう悪い癖について

ゲーム実況をする人

ニコ生でゲーム配信をやってるのですがミスしてゲームオーバー、コンティニューをしてしまったときなどについつい、言い訳をしてしまいます。私の悪い癖です。

配信せずに一人でゲームをやってるときはもちろん言い訳をする必要はありませんが、配信では誰かが見ていますのでどうしても言い訳をして逃げたくなってしまう気持ちがあります。

このゲームは操作性が悪いから、ボタンを押したはずなのに、緊張してしまうからなどなど言い訳を並べ始めたらキリがありません。

スポンサーリンク

自分で配信するようになって言い訳をする実況者の気持ちがよく分かった

私も視聴者として他人の動画や配信を見ていた頃は言い訳をする実況者を見て、分かった分かったから、と思いながら見ていましたね(笑)言い訳しなくてもいいのにと思っていたものです。

しかし、自分で配信をするようになって自分でも言い訳ばかりしてしまいます。その実況者の気持ちが痛いほど分かりました(笑)

でも、実際にやってる本人しか分からない気持ちってあるんですよね。操作性にしても喋りながらゲームをやらないといけないということにしても。私自身が視聴者から配信者の立場に変わってみて気づいたことがありますから。視聴者に「やってみてよ!そしたらこの気持ちが分かるはず!」と言いたくなるんですよね。

ただ、それは言っても仕方ないことというか、言ったらダメなことだと思います。

言い訳して視聴者に共感を求めるのはダメだと思う(例外はあると思うけど)

視聴者はあくまでも見てもらう側であって配信する側が言い訳ばかり並べていたらダメだと思います。配信なんて自己満足という意見もあるでしょうが、やっぱり人に見てもらうのであれば見てる人を楽しませるという責務というか役割があると思うんです。

自分が楽しければいいのかもしれませんが、ゲーム配信をやるのであれば自分だけでなく見てもらう側にも楽しいと思ってもらえないとダメですよね。言い訳ばかりしてる配信なんて楽しくないでしょうし。

というわけで、今後はできる限り言い訳をしないようにしていきたいと思います。話のネタとして言い訳っぽいトークをすることはあるかもしれませんけどね(笑)ネタではない心の底からの言い訳は止めていきたいと思います。

言い訳をして視聴者に自分のミスを共感してもらっても意味ないですよね。そうだよね、難しいよね。と視聴者の人に共感してもらっても仕方ないと思いますし。視聴者の人もそんなことを見てるこっちに言われても・・・と困ると思います。

一方的に下手だとか色々と言われるとこれ難しいんだって!と言い訳したくなることはありますが、言い訳よりはしっかりプレイして結果を出せるようにしていきたいです。絶対そのほうがカッコイイ(笑)

でも、配信しながらのゲームって難しいんだよなー。また言い訳してる(笑)

がんばります。

スポンサーリンク