ぼっちでもFPSが楽しめている理由

Call of Duty: Black Ops III

CODやBFなどのFPSは友達、フレンドがいない、いわゆる「ぼっち」が遊んでも楽しめるのでしょうか。

私はぼっちでもFPSは楽しめると思います。なぜなら私が楽しめているから(笑)

そこで今回は私がぼっちでもCODが楽しめている理由をお話します。

スポンサーリンク

ぼっち(野良)でもロビーに入れば誰かいる

ぼっちということはいわゆる野良でFPSを遊ぶことになります。

ですが、ぼっちと言ってもゲームさえスタートしてしまえば他のプレーヤー達がたくさんいます。マッチングすれば自分と同じ人間が誰かしらいるわけです。自分と同じ野良の人もいればパーティーを組んでる人たちも。

もちろん野良ですから会話などはありませんが、(ボイチャできないことは無いけど、話しかけても返ってくることはほぼ無い)ゲームって普通は黙って一人でやるものですから特に違和感などはありません。FFAのような個人戦もありますし、チームデスマッチでも喋らなくても他のプレーヤーが味方として戦ってくれます。

でも、喋れるフレンドがいないとBOT相手にプレイしてるようなものじゃんと思ってしまう人もいるかもしれません。

まぁ、確かにそうですがやっぱりBOTではなく相手が人だと思ってるだけで気分は全然違うものです。動きもBOTと人間では全然違いますからね。勝てた時の喜びもBOTとは違います。

一人でもオンラインのロビー上では特に寂しさのようなものは感じません。

ぼっちのほうが気楽に遊べる

一人で遊んだほうがいいことも多いです。

誰かとパーティーを組んでプレイするのであれば多少なり気を使う必要があります。今日は調子が悪いなと思っても自分だけだったらすぐ止めることができますが、誰かと遊ぶのであればそういうわけにもいきません。

遊ぶゲームモードも好き勝手に選べるのもぼっちFPSプレーヤーの特権だと思います。フリーフォーオールがやりたいと思ったけど、やっぱりチームデスマッチ。いや、ドミネーションにしようかな。と自由に選べます。

ゲームの中くらい人に気を使わずに自分勝手に遊びたいという人はぼっちFPSに向いてると思います。ただ、最低限のマナーくらいは守ったほうがいいですけどね。

決してぼっちFPSは虚しくない

今回はCODやBFなどのFPSは一人、ぼっちでも楽しめている理由をお話しました。

ぼっちだと他のプレーヤーとの会話はほとんどありませんが、それでも相手が人間というだけで楽しめるものですよ。

また、現実世界で気を使いすぎて疲れてる人にもぼっちFPSはオススメです。ゲームくらい気を使わずに遊びたいという人も多いでしょうからね。