PS4のセーブデータをUSBメモリを使って別のPS4に移す方法

USBメモリーを持つ男性

PS4を買い替えたときなどは古いPS4からセーブデータを移動させる必要があります。PSPlusに加入していればオンラインストレージが利用できますが、加入していない人はUSBストレージ機器(USBメモリーなど)を利用してセーブデータを移すしかありません。

そこで今回はUSBメモリーを使ったセーブデータの移動手順を説明します。

セーブデータの移動は自己責任の上で行っていただきますよう、お願い致します。

スポンサーリンク

セーブデータをPS4からUSBストレージ機器にバックアップする

PS4セーブデータ

まず、移動したいセーブデータが入ってる方のPS4の設定にある「アプリケーションセーブデータ管理」を選んでください。

PS4セーブデータ

次に「本体ストレージのセーブデータ」を選択。

PS4セーブデータ

「USBストレージ機器にコピーする」を選択。

PS4セーブデータ

コピーしたいセーブデータを選んでください。

PS4セーブデータ

コントローラーのOPTIONSボタンを押せば複数のアプリケーションのセーブデータをまとめて選択できます。

PS4セーブデータ

選択したらあとはコピーを選べばUSBメモリーにセーブデータが移動されます。

もう必要ないと思うセーブデータは選択しなくてもいいですよ。必要なものだけ移動すればいいと思います。

USBストレージ機器から別のPS4本体にセーブデータを移動する

PS4セーブデータ

ここからはセーブデータの移動先のPS4での作業になります。

セーブデータの移動先のPS4にUSBストレージ機器を接続したら、また設定のアプリケーションセーブデータ管理を開いて、「USBストレージ機器のセーブデータ」を選んでください。

PS4セーブデータ

そして「本体ストレージにコピーする」を選択。

PS4セーブデータ

移動させたいセーブデータを選びましょう。

PS4セーブデータ

セーブデータを選択したらコピーを押します。

これでセーブデータの移行は完了です。

移動完了後は全てきちんと移動されてるか確認すること

念の為、アプリケーションセーブデータ管理にある「本体ストレージのセーブデータ」を開いてみてきちんとコピーされているか確認しましょう。USBストレージ機器にコピーするを選べばセーブデータの一覧を確認することができます。

以上でUSBメモリーを使ったPS4セーブデータの移動手順の説明を終わります。

セーブデータの取扱は慎重に行ってください。