初めて1本のゲームソフトの実況プレイを終えた感想

Detroit: Become Human

5月25日のデトロイトビカムヒューマン発売にあわせてニコ生にてゲーム実況デビューをしまして、ようやく1本の配信を終えることができました。動画ではなく生放送のみでの実況プレイとなりました。

クリアしたのはだいぶ前になりますが、何回か周回して見たいエンディングは全て見たかなと思えたので一旦、デトロイトの配信は終了とさせていただきました。

そこで今回は初めてゲーム実況をやり終えた感想など書いていきます。あくまでもゲーム実況をやり終えた感想になります。デトロイトの感想はそれに交えて少しだけとさせてください。

スポンサーリンク

ゲーム配信に慣れるのは早かった

ゲーム実況という一人で喋りながらゲームをするという行為に慣れるのはそこまで時間はかかりませんでした。

初日や次の日くらいまでは変な感覚で恥ずかしさというかなんとも言えない感覚があったのですが、今は特にそういった感情はありません。喋りながらゲームをやるということが自分の中で普通になっています。

ただ、面白いトークができるかと言われたらまだまだですね。面白いことを言おうとしても寒くなってしまいます。この無理に笑いを取ろうとするほうが恥ずかしくなってます(笑)

面白いトークは難しい。どうしても寒くなってしまう。

Detroit: Become Human

デトロイトは自分で選択肢を選べるゲームですから選択肢によって面白い展開になります。

もはや人間とは思えない(人間じゃないけど)行動に主人公が出たり、ツッコミどころはすごく多いです。

ただ、そこから私が面白いトークに持っていけるかというと難しいですね(笑)どうしても滑ってしまいます。せっかくゲームが面白いのにプラマイゼロです。いや、私のせいでマイナスかも。

無理して面白い話をしようと思わなくても楽しくプレイすることだけ心がければいいのでは

私のような素人が面白い話をしようとしてもできるわけがないんですよね。芸人さんではありませんから。

ですので無理に笑いを取ろうとしなくても、自分自身が楽しそうに実況プレイすることだけ考えていればいいのではないかと思いました。

視聴者からコメントをもらえるときは大体いつも笑ってる時です。ただ喋りながら淡々とプレイしてるときはコメントがつきません。自分が本当にゲームを楽しんでるときにはコメントがつきやすいです。

これが「楽しそうな配信にしないとコメントはもらえない」という意味なのかなと思えています。

大きな声で話せるようになってきたかな?

Detroit: Become Human

以前、ゲーム実況をちょっとだけやってみたときはマイクをちゃんと調整しても声が小さかったんですが、今は前より大きな声で喋れるようになってきたと思います。まぁ、半月ほどですがそれでも始める前とは違うかなと。

配信が終わったものをタイムシフトで確認したり、録画しておいたものを見たりするのですが声はしっかり出てるかなと思います。

やっぱり緊張すると声が出にくくなりますから慣れもあるのかもしれません。今は特に緊張しませんし。あとは滑舌が悪かったり早口になってしまうときがあるのでハキハキと話すことを意識していきたいです。

視聴者数、コメント数はボチボチ。フォロワー数は増えにくい。

来場者数、コメント数はニコ生で始めたこともあって少しは見ていただくことができました。新作の影響が強かったと思いますけどね。

始めたばかりの頃は視聴者数が増えてもコメントがつかないことが多かったですが、後半はコメントがつくときは配信終了までコメントされるようになってきました。見に来てくださった皆さん本当にありがとうございます。

まだまだコメントがつかないときも多いので楽しく配信してコメントをもらえるよう頑張っていきます。

ただ、コミュニティのフォロワーは増えにくかったです。この記事を書いてる時点で9人です。毎日配信してればそれなりにフォローされるのでは?と思っていたのですが難しいですね。フォローされるためにはまたこの配信を見に来たいと思ってもらえないといけません。やっぱり楽しい配信をできるよう頑張るしかないのだと思います。

今後もゲーム実況、配信は続けていく

Detroit: Become Human

とりあえずデトロイトが終わった時点で今後どうするか決めようと思っていたのですが、これからもゲーム実況は続けていくつもりです。せっかく始めましたからね。半月でやめたら勿体無いです。

一応、今後の方針としてはこのブログで取り上げた新作ゲームの実況をメインで考えてます。あとは実況プレイの定番、ホラーゲーム実況とかもやってみようかなと思ってます。ホラーは苦手なんですけどね。オススメらしいので。

これからもゲーム実況をやりつつ実況関連の記事も更新していきますので、私と同じく実況を始めたばかりの人のお役に少しでも立てれば幸いです。