SENアカウントを引き継いでPS4で使う方法と引き継ぐ場合のメリット

ps4_20150126

PS4からPlayStationで遊び始めた人はSENアカウントは新規で作成されるでしょうが、PS3やPSVitaで遊んでいた人はアカウントを引き継いで使おうと考えている人もいるでしょう。

今回はPS3やPSVitaで使用していたSENアカウントをそのままPS4で使う場合のやり方とアカウントを引き継いだ場合のメリット、PS4で新規にアカウントを作った場合のメリットをお話しします。

photo credit: DSC07435 via photopin (license)

スポンサーリンク

PS3やPSVitaで使っていたSENアカウントをPS4で使う方法

PS3やPSVitaで使用していたアカウントはPS4で使うことができます。

でも、すぐに使うことはできないようでユーザーの情報を追加する必要があります。PSNプロフィール設定とプライバシー設定を入力しましょう。

簡単に話すならユーザー作成をしてサインイン、その後プロフィールとプライバシーの設定をする事になります。

フレンドとの繋がりの設定ですね。フレンド依頼を送る事ができる人の選択などです。

手順の詳細はPlayStation.comをご覧ください。

PlayStation®4 で既存の Sony Entertainment Network アカウントを利用する(サインイン)

SENアカウントをPS4に引き継いだ場合のメリット

アカウントを引き継げばもちろん、ウォレット残高などを引き継げます。残高が何千円もあるのに新しくアカウントを作りなおしては勿体ないですよね。

その残高をPSPlusの利用料金に使うこともできますし、ゲームをダウンロードで購入することもできますので。

残高があるのであれば、SENアカウントは引き継いで使用したほうが良いでしょう。

PS4でSENアカウントを新規取得した場合のメリット

PS4を購入したからアカウントを新規で取りなおそうと思ってる人もいると思います。その場合のメリットですが、これといってパッとしたメリットはありません(笑)

前のアカウントに愛着が無いのであれば、新しいアカウントの方が気持ちよくスタートできるという人もいるかもしれませんね。

オンラインIDは変更ができませんので変更したいという人はPS4を買ったタイミングでアカウントを新規取得してIDを新しくしても良いでしょう。スペル間違いをしていて変更したいという人もいるようですし。

PS3用とPS4用でアカウントを持っても良いかもね

PS3とPS4両方で遊ぶならそれぞれでアカウントを持っても良いかもしれませんね。

ウォレット残高とかトロフィー、実績など色々ありますが、こればっかりは個人の気持ちの問題なので残高が残っていても新しく始めたいのであればPS4からアカウントを取りなおしても良いかもしれませんね。

【関連記事】

スポンサーリンク