ゲーム配信(実況)で人集めをする方法を考えてみた!【宣伝方法など】

ゲーム配信を見に来てくれる人を集めてる人

ゲーム実況、配信で視聴者を集める方法は何があるのでしょうか。

一番大事なのは実況内容、コンテンツだとは分かってますが今の時代、動画サイト配信サイトは実況で溢れかえっています。よっぽど特徴的なことをしたり、何か方法を使って人集めをしないと見てもらえないと思います。

そこで今回は誰でもできるゲーム配信で人を集める方法を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

SNSやブログでゲーム配信を始めたことを宣伝する

生放送にしても実況動画の投稿にしても自分が始めたことをTwitterやfacebookなどのSNS、もしくは自分のブログで告知するのが一番簡単だと思います。何も宣伝せずにYouTubeやニコニコで始めるよりはほんの少しでも効果があるでしょう。

ただ、今からSNSやブログを始めるのであればフォロワーや購読者が0人からスタートになりますから最初は効果がないかもしれません。でも、ゲーム実況と一緒に始めることで自分のチャンネルやコミュニティへの入り口、玄関を増やせますよね。ブログ経由で来ましたという人もいるでしょうし、SNSで知ったという人も出てくるでしょうから。実況してるゲーム名もツイートしたりしておけば検索で引っかかって見に来てくれる人もいると思います。

有名じゃないのにブログをやっても・・・と思うかもしれませんが、ゲーム名などを入れて記事を書いておけば何かしらのキーワードでヒットして見に来てくれる人はいますよ。

YouTubeやGoogle検索に広告を出してみる

これはお金がかかりますが、YouTubeやGoogle検索に広告を出してみるのもアリでしょう。動画広告は準備が大変ですが、バナー広告であればそこまで作るのは難しくありませんよ。

他にFacebookやTwitterでの広告配信も有りだと思います。お金は必要ですが、まったく無名の状態からでも多くの人の目に触れることが可能です。

ただ、広告を出すのはそれなりにお金がかかりますのである程度活動を続けていってからでもいいと思います。まずは内容を充実させたほうがいいですよね。お金を払って広告を出して見に来てくれた人はいてもすぐ帰られたら意味がありませんし。例えるなら商品が充実してないお店に客引きするような感じでしょうか。私もまだまだなので広告までは出さなくていいかなと思ってます。

人気の新作ゲーム実況、配信をやる

これが一番手っ取り早い方法だと思います。昔のゲームやマイナーなゲームをやるよりは人気シリーズの最新作などをプレイするほうが見に来てもらえる可能性が上がるでしょう。

その配信者、実況者のことは知らなくてもゲームタイトルを検索して見に来てくれる人はいますから。

私はこのブログで自分が興味のある新作ゲームを取り上げていますからそのゲームをそのまま発売後にプレイしています。

体験版をやって興味があったから見に来ましたという人もいましたよ。

生放送するならYouTubeやTwitchではなくニコ生で配信する

配信サイトにも色々ありますが、YouTubeライブ(ゲーミング)かTwitchを使う人が多いと思います。

確かに利用者が多いのですが、有名配信者も多いですし、再生回数や視聴者数が多い人、チャンネルばかり表示されてしまう傾向にあるため、始めたばかりの人の配信や表示されず、誰も見に来てくれない状態になることが多いです。始めたけど視聴者数0人とか。0人の状態で何時間やっても効果ないですからね。

これよりはオワコンと言われていますが(失礼)、ニコ生が良いと思うんです。ニコ生のシステムだと無名の配信者でもそれなりの人が見に来てくれますよ。それなりと言っても10人、20人とかですが。でも0人よりは絶対にいいです。チリも積もれば山となります。まずは配信をする楽しさを覚えるためにニコ生で配信を始めるのがいいと私は思ってます。

もしYouTubeでも誰か来てくれるならそっちのほうがいいと思いますけどね。アカウントを持ってる人はYouTubeのほうが多いでしょうし、チャンネル登録もしてもらいやすいはずです。

まずは少しでもいいから見てもらえる配信サイトでコンテンツの充実を目指していく

まとめになりますが、実況動画投稿や配信を始めたのであればまずはSNSやブログを作って入り口を増やして、少しでも見てもらえる環境を用意する。そして配信を楽しみながら内容を充実させていく。それから伸び悩んだらお金を使って広告を出してみる。これでいいのではないでしょうか。

私の場合は少しですが見に来てはもらえてますので、このまま配信を楽しみながら実況の内容を良くしていきたいと思ってます。まだお世辞にも面白い配信とは言えませんから。広告とかはまだまだ先の話です。

視聴者に楽しんでもらうことが一番大事ではありますが、自分が楽しく配信することのほうが先だと思います。自分が楽しくなけれれば視聴者は絶対に楽しくありませんから。

今から配信をやるのは気の遠くなりそうなことではありますが、気長に楽しくやっていきましょう。私も一緒に頑張ります。

スポンサーリンク