FPSとTPS楽しいのはどっち?

FPSとTPS

ゲームのジャンルでFPSとTPSがあります。知らない人のために説明しますとFPSは「ファーストパーソンシューター」の略ですね。シューティングっていう場合もあるようですけど。そしてTPSは「サードパーソンシューター」の略です。

意味は読んで字のごとくですがFPSは一人称視点でのシューティング、TPSは三人称視点でのシューティングとなります。もっと簡単にいうならFPSは自分のキャラ目線(自分の姿は見えない)、TPSは自分のキャラを後ろから見た状態で操作することになります。

有名なゲームだとFPSはコールオブデューティやバトルフィールドがありますかね。TPSだとメタルギアソリッドとか、グランドセフトオートもTPSですね。

FPSとTPSどっちを遊んだことがある人が多いかと言われたらおそらくですがTPSだと私は思います。シューティングではなくても自分のキャラが見える状態で操作するゲームの方が多いですし。FPSのほうが経験が無いという人の方が多いように感じます。

で、本題になるのですがFPSとTPSどっちが面白いのでしょうか。

スポンサーリンク

FPSとTPSでは楽しい部分、魅力のある部分が違う

FPSとTPSではやってることは同じでも視点が違うだけで面白いと感じるポイント、魅力のあるポイントが全然違います。

FPSの場合は自分のキャラの目線がカメラのため臨場感があります。VRというわけではありませんが、自分がその場にいる感覚に近い状態でプレイすることができます。

Call of Duty: WWII

武器を構えて狙う時も武器を覗き込んだ状態、反動などが楽しめます。一人称視点だと見える範囲も限られているので緊張感もありますよね。死角に敵がいて見逃すことも多いです(私はw)

逆にTPSの場合は臨場感はありませんが、自分のキャラクターを見れる楽しさがあります。

MGS5GZ

キャラの見た目、動きを見て楽しむことができます。

この感覚の違いを現実で例えるならバク転、バク宙などを自分で実際にやるとしましょう。自分でやってもあんまりピンときませんよね。自分の視点では世界が反転したような感覚しかないので(例えが下手で申し訳ない)私はバク転を失敗して大怪我しかけましたけど。

バク転

photo credit: Mr Moss Backflip via photopin (license)

別にバク転とかじゃなくてもいいです、逆立ちとか鉄棒の逆上がりとかでもいいです。

で、動画に撮って見ると「おっ、ちゃんと回れてる」って分かるじゃないですか。あれと同じです。FPSは自分でやる、TPSは人がやるのを見てる感覚です。(まぁ、TPSの場合は自分でそれを操作するわけですけど。)

どっちも面白いけど感覚が違いますよね。(やっぱり例え下手だな)

こんな感じでFPSとTPSは同じシューティングでも魅力のある部分が全然違うのでこっちのほうが絶対に楽しいとは言いにくいです。

FPSとTPS自分がどっちの感覚を楽しいと感じるか

MGS5GZ

しいて言うなら自分がどっちの感覚を楽しいと思えるかだと思います。自分がその世界に入り込んだ感覚でゲームをしたいのか、それともそのゲームの世界を客観的に見ながら楽しみたいのか。

でも私の周りは自分のキャラが見えないFPSは苦手だという人が多いです。ほとんどのゲームはTPSというか自分のキャラが見えますからね。苦手に感じてしまっても仕方ないかもしれません。ゲームのほとんどが三人称視点だからTPSのほうが人気のように感じてしまうのでしょうね。

で、ちょっと思ったのがFPSって食わず嫌いの人が多いと思うんです。

FPSって食わず嫌いの人が多いと思う

CODBO3

自分のキャラが見えないのが嫌だからやらないっていう話をよく聞きますけど、やってみて面白くなかったからやってないっていう人はあんまりいない気がします。

FPSをやってみたら面白くてハマったという話はよく聞きますけど。やってもいないのにFPSは楽しくないって思ってる人が多いのではないでしょうか。(ちょっと話がズレてきたな。。。)

ちょっと本題からズレてきたので元に戻しますけど(FPS食わず嫌いの話はまた別で記事にします)、TPSとFPSそれぞれに違った面白さがあると思います。

FPSとTPSどっちが面白いか決めることはできない

Call of Duty: WWII

ですので、この手の話の定番の締めになりますけど一概にはどっちが面白いとは決めることはできない気がします。

FPSとTPSそれぞれに違った魅力がありますから!(`・ω・´)キリッ

バク転の話あたりから何が言いたいのかよく分からなくなってましたね。

すみません。

以上です。

スポンサーリンク