実家でゲーム実況をするときの問題点と対策【親・兄弟など】

実家の近く

実家住まいでゲーム実況をやるのってアパートでのゲーム実況以上の苦労があると思います。両親、祖父母、兄弟などなどゲーム実況、配信をやる上で気にしないといけない点があります。

実家が一戸建てならゲーム実況くらいなら隣人との騒音トラブルは考えなくてもいいと思いますが、同じ家に住んでる家族を気にしないといけないんですよね。兄弟は理解があるとしても父親、母親、爺ちゃん、婆ちゃんに説明するのは難しいものがあります。この子はゲームしながら独りごと言って、と思われることでしょう。

まぁ、理解して貰う必要なんてないです。わざわざ言う必要はありませんので。ですが、自分の部屋で実況をとったり配信をするにしても実況の声が家族に聞こえますよね。

スポンサーリンク

自分が実況してるのを家族に聞かれるのが嫌だと思う人は多いと思う

これが嫌だと思う人は多いはずです。私だったら絶対に嫌ですから。それこそ独り言を心配されてしまうかもしれません。

となると、実況をやるなら家族がいない時間帯を狙うしかありません。特に両親ですね。爺ちゃん婆ちゃんはまぁ、聞かれても別にいいかなと思うんですけど親父におふくろってなんか嫌です(笑)

そうなると平日の昼間しかできる時間帯がないでしょう。両親が仕事で家にいないタイミングを狙って収録するしかありません。予約投稿機能もありますからとりあえず収録だけお昼に済ませておいてみんなが帰ってきたら編集作業をすればいいと思います。配信に関してはお昼限定でやるしかありませんね。

自由に実況をやるなら実家を出るか、部屋を防音にするしかない

それかどうしても自由に実況をやりたいのであれば実家を出て一人暮らしをやるしかありません。一人暮らしでもアパートでは隣人がいますので気をつけないといけませんが実家よりは自由になるでしょう。

もしくは防音シートやボードを実家の自分の部屋に設置してみるしかないと思います。私の知人にギターの練習がしたいからといって部屋を防音に改造した人がいます。割と効果があるようですよ。それなりの費用がかかったようですが。

実家とゲーム実況。なかなか難しい問題かもしれません。