FPSの武器バランス調整について思うこと

Call of Duty: WWII Private Beta

CoDなどのFPSって武器のバランス調整がよく入ります。

弱体化、威力減衰距離を〜、レートを〜、〜を強化、といった調整ですね。色々な武器で戦うのが楽しいゲームだと思いますので、調整は欠かせないでしょう。

でも、調整が入っても強すぎるままだったり、弱くなりすぎたりして調整のパッチがあるたびに色々な意見が出ます。

今回はFPSの武器バランス調整について思うことを書いていきます。

スポンサーリンク

武器のバランス調整で大事なことは異常なくらい強い武器を無くすこと?

CoD:IWはLMGが強すぎましたよね。なかなか弱体化しても弱くなってくれませんでした。個人的にはLMGって弱すぎるくらいで丁度いいような気もするんですけどね。

別に私がバランス調整をするわけでは無いのですが(笑)、FPSの武器バランス調整で大事なことって何なのでしょうか。

まずはやっぱり異常なくらい強い武器を無くすことですよね。

異常なくらい強い武器っていうのはどの距離でも強い武器だと思います。

LMGなのに近距離でSMGに撃ち勝てたり、SMGなのに遠距離でARに撃ち勝てたりする武器は修正が必要ですよね。

SGで射程距離がメチャクチャ長いのもダメでしょう(笑)え?この距離で1発キルなの?と思うSGがたまにあったりします。

武器バランスの修正パッチがあってもあまり変わらないことも多い

こういった武器はプレイヤー、ユーザーからもフィードバックがあると思いますので割と早い段階で調整が入ります。まぁ、入っても強いままの武器も多いのですが。。。

あとは逆に弱すぎて使い物にならない武器も調整すべきですよね。

少し弱いくらいなら仕方ないですが、全く使い物にならない武器がたまにあります(笑)私はそこまでドMではありませんので、そういった武器は使いません。

過去作でいうならCoD:AWのアムロとか弱かったですよね(笑)でも、パッチがきてから1トリガーでキルできるようになっていた気がします、確か。

とまぁ、色々と書きましたが武器のバランス調整って本当に難しいことだと思います。

可能な限りどの武器も同じくらいの強さにする必要があるのでしょうが(もちろん武器の特性の範囲で)、ほんの少しのサジ加減で弱くなりすぎたり、強くなりすぎたりしてしまうと思います。

かといって、同じカテゴリの武器が全く同じ強さにしてしまったら面白くないですよね(笑)

同じカテゴリの武器が見た目と名前が違うだけで全く同じ性能になったら?

威力、射程、レート、反動も全く同じ。ただ見た目と名前と銃声、装弾数が違うだけ。これでは全然面白くないと思います(笑)

でも同じカテゴリの武器を全く同じ性能にして普通にプレイしていて気づく人はどれくらいいるのでしょうか。

ローカルプレイなどで検証でもしないと普通にオンラインのマルチを遊んでいただけでは気づかない人も多い気がしますけどね(笑)

やっぱりこのSMGは弱いな、こっちのSMGの方が強いとか言う人も出てきたりして(笑)さすがに反動とかで気づきますかね。

さて、今回は私がFPSの武器バランス調整について思うことを書いてみました。

この武器が弱い、この武器が強いとかフィードバックを出すことは大事なのでしょうが、開発側も難しいでしょうね。。。