【レビュー】FPSターゲットシール4を使ってみた感想

FPSターゲットシール4

ゲームテックから発売されているモニターに貼るシール、FPSターゲットシール4を買って使ってみました。

このシールをモニターに貼る目的としましては、一人称視点のシューティングゲーム、FPSで照準(画面の真ん中)がどこにあるのかを把握しやすくするためです。

どのFPSゲームも銃を構えた時、サイトを覗いた時、ADSした時に画面の真ん中に照準が合うようになっています。

つまり敵が出てきそうな位置をモニターの真ん中に捉えながら動くことでエイムがしやすくなるというわけですね。

モニターに手を加えるということでハードウェアチートなどと言われることもある方法(シール)なのですが、本当にエイムしやすくなるのでしょうか。

実際に使って検討してみたいと思います。

スポンサーリンク

FPSターゲットシール4はCS機とPCならなんでも使える

まずはパッケージから見ていきましょう。

FPSターゲットシール4

対応機種はPS4、PS3、WiiU、PCなどとありますが、スマホや携帯機以外のFPSゲームなら問題なく使えるはずです。

スマホや携帯機では画面の大きさに対してシールの大きさが合いませんからね。

FPSターゲットシール4

宣伝文句としてはシールを貼るだけでFPSが上達!ということらしいですね。

照準シールが無いと外れた・・・照準シールがあればヘッドショット!

、、、さすがにここまで上手くはいかないと思いますが(笑)

ターゲットシールは赤・黒・白の全3色!赤が一番いいかな?

FPSターゲットシール4

裏面にはシールの貼り方の説明書きがあります。

シールはブラックとホワイト、レッドの3種類が2枚ずつ入っています。同じ色でもよく見ると少し照準の見た目が違います。そこまでの違いではありませんので自分が好きなものを貼れば良いでしょう。

開封してみて意外とシールのサイズが小さいことに驚きました。もう少し大きいと思っていたので。

FPSターゲットシール4

サイズを分かりやすくするためにボールペンを置いてみました。

ほぼ、ボールペンの太さと同じサイズですね。

FPSターゲットシール4

これを早速貼っていきたいと思います。

今回はPS4のCoD:MWRを使ってシールを貼っていきます。

まずはローカルで時間を無制限にしてゲームを始めます。

次にゲームの画面中央にある照準に合わせてシールを貼ります。

FPSのゲームを起動して照準に合わせてシールを貼っていく

Call of Duty: Modern Warfare Remastered

画像のモニターは我が家のBenQ君です(笑)

最初はADSした状態で貼った方が貼りやすいかと思ったのですが、実際にサイトを覗き込んだ状態で貼ろうとすると

FPSターゲットシール4 FPSターゲットシール4

サイトの真ん中のドットが動いて貼りづらいんですよ。

スナイパーライフルではない普通のアサルトライフルでも少し動いているので貼りづらいです。

というわけで腰だめの状態で貼ってみることにしました。

よく考えたら(考えなくても分かるのですが)腰だめの状態なら縦横に白い点があるのでシールを貼りやすいです。縦横を合わせやすいですし。

Call of Duty: Modern Warfare Remastered

実際にターゲットシールを貼ってみたモニターがコチラです。

FPSターゲットシールを貼ったモニター

FPSターゲットシール4

貼る前は白いターゲットシールが見やすいかと思ったのですが、実際に貼ってみると白いシールは見づらかったです。

暗いマップなら見やすいでしょうが、明るい昼間のマップなどは見にくいですね。

FPSターゲットシール4

ということで赤のターゲットシールにしてみました。

これなら明るいところも見やすいです。

FPSターゲットシール4

マップ上のオブジェクトと被っても見やすいですね。

FPSターゲットシール4

トンネルなどで暗い場所でも見やすいです。

FPSターゲットシールの説明にもありますが、黒いシールは画面全体が明るいFPSなら黒、暗いゲームなら白、どちらもある場合は赤がいいとのことです。

CoDは昼のマップも夜のマップもあるので赤がいいかと思います。

実際に使ってみた感想は想像以上に狙いやすい

さて、実際に使ってみた感想としては狙いやすいです。

画面の真ん中がハッキリ分かるというだけでこれほど戦いやすくなるのかということを実感しました。

一応、普段から画面の真ん中を意識してはいるのですが、ぼんやりとしか分かりませんので難しいです。

前にもこのブログで書いたのですが、CoD:IWのイレイサー使用時と同じ状態で戦えるので照準シールがあると狙いやすいですね。

↓これがイレイサー使用時の画面です。

Call of Duty_ Infinite Warfare

イレイサー使用中は画面中央に白い点が出ます。この点が画面の真ん中になるのでこの点で敵を探すつもりで動くといいです。

でも、狙いやすいというか敵が出てくるであろう位置に画面の真ん中を合わせながら動きやすい、と言った方がいいかもしれません。

画面の中央が分かると画面の中央で敵を探しやすくなる

FPSってあらかじめサイトを覗いたら敵が出てきそうな位置に照準が合うようにして移動することが大事です。

敵が出てきたら微調整くらいにしないと撃ち負けることが多いですから。これがターゲットシールを使うことで簡単になります。シールを敵が出てきそうな場所に合わせるだけですから。

ですので、ADSしてからのエイムがしやすくなるというよりも、ADSする前の「画面の中央で敵を探す操作」がしやすくなるという感じですね。

「画面の中央で敵を探す操作」とは?
CODで敵を探す時は画面の中央(照準)を使って探すべし!

じゃあ、狙いやすいからFPSをやるときはこれから先ずっとターゲットシールを使い続けると言われたら、それはちょっとどうかと思います。

FPSターゲットシールを使い続けるのはオススメしない

初心者マーク

いくら狙いやすくなるとは言っても、ずっとターゲットシールに頼りながら戦うのはなんか嫌じゃないですか?

100%自分の実力じゃない気がするんですよね。やっぱりシールのおかげというところがあると思います。ハードウェアチートと言って批判される人がいるのも頷けます。

例えるなら自転車でずっと補助輪をつけたまま走ってる感じです。

でも、補助輪と違うのは他の人のは見えないという点です。補助輪は他の人に見えるから恥ずかしいから早く取りたいと思って補助輪なしで自転車に乗れるように練習しますよね。

でも、FPSターゲットシールを使っていても他のプレイヤーには見えませんのでそのまま使い続けてしまう。

まぁ、それでも別に気にならない人はいいのでしょうが、私は気になります。

なんかいつまで経ってもFPSターゲットシールに甘えてしまってる気がして。

ですので、このシールはFPSを始めたばかりの初心者の人が、FPSというものに慣れるために使うのがいいと思います。

FPS初心者がFPSの操作、カメラワークに慣れるために使うといい。自転車の補助輪感覚で。

FPSを始めたばかりの頃って画面が下を向いていたり、見なくていい場所を見ていたりする人が多いです。それを矯正するためにこのFPSターゲットシールを使うといいと思います。

それで画面が下を向いたままにならないようになってきたら、ターゲットシールを剥がしてプレイするようにしたらいいのではないでしょうか。

また自転車の話になりますが、最初は補助輪で自転車に乗る、ペダルを漕ぐという動作に慣れる必要がありますが、ずっと補助輪ではいつまで経っても乗れませんよね。

自転車

それと同じでいつかはシールを剥がして自分だけの実力でプレイするといいと思います。

ちょっと長々と書きましたが、私はFPSターゲットシールを今後使うことは無いかと思われます。やっぱりシールに頼らずにプレイしたいという気持ちもありますし、他にも理由があります。

それはFPS以外のゲームをやるときにシールが邪魔だからです(笑)

FPS以外のゲームを遊ぶときはターゲットシールが邪魔(笑)

FPSをやる上では有難いシールが他のゲームを遊ぶときには邪魔で仕方ないんですよ。FPS以外を遊ぶときはシールを剥がしてもいいのですが手間です。

例えばコレ。NewみんなのGOLF。

照準シールが私のキャラの頭にありますよね。

FPSターゲットシール4

常にスナイパーに狙われてる気がして落ち着きません。

FPSターゲットシール4

いつヘッドショットされるのかとヒヤヒヤしながらゴルフをしなくてはなりません。

パターの緊張と別にスナイパーに狙われる緊張とも戦っていては、イップスになるどころかコースを回ることすら苦痛になります。

Twitterの私のアイコンも常にスナイパーに狙われてるのですが、狙われるのはTwitterだけで十分です(笑)

渡瀬公一プロフィール画像

↑私のアイコン。

あと、DOAX3でも問題があります。

画面中央に照準があるものですから、

FPSターゲットシール4

常にキャラたちの胸元を狙うことになります。

FPSターゲットシール4

シーンによってはあらゆる場所をスコープで覗いてる状態になるので変態大変危険です。

FPSの練習面でも問題がありますが、他のゲームをプレイする上でも問題が多いです。

私はやっぱり剥がして遊んだ方がいいかもしれません。

FPSターゲットシールは剥がすときはセロテープを使うべし

FPSターゲットシール4

ちなみにターゲットシールを剥がすときは爪で剥ごうとするとシールがボロボロになったり、モニターの画面に傷をつけてしまいますので、セロハンテープなどをFPSターゲットシールに貼ってテープと一緒にゆっくり剥がすようにすると綺麗に剥がれます。

シールは繰り返し使うこともできますので大事に扱いましょう。

さて、今回はゲームテックさんのFPSターゲットシール4の紹介でした。

モニターにシールを貼ると、チートと言われることがあるよ

狙いやすくなるのは間違いないのでFPSを始めたばかりでエイム、カメラ操作が難しいと感じてる人は慣れるまで使ってみてはいかがでしょうか。

でも、やっぱりある程度FPSというものに慣れてきたら、シールは剥がしてプレイするようにした方が自分のためになる気がしますね。

ハードウェアチートなどと言われることもありますので、使うときはそれなりの覚悟をして使った方がいいかと思われます。まぁ、CS機でマウスを使うよりはいいかなと思いますが。

スポンサーリンク