FPSが上達する為には自分より上手い人がたくさんいるという事実を受け入れることが大事

自分が一番FPSが上手いんだと勘違いする男

最近、FPSが上手くなる為に何が大切なのか考えています。

練習量?それとも、デス数?

いや、一番大切なのは「自分よりFPSが上手い人がたくさんいて当たり前、自分は大して上手くないという事実を素直に受け入れること」だと思います。

何それ?どういうこと?と思う人が多いと思うので解説していきますね。

スポンサーリンク

自分よりFPSが上手い人はたくさんいるということを受け入れきれないと、ずっとイライラしながらプレイしないといけない

はい、見出しで答えを言いましたが、これです。

FPSでイライラしてしまうのって敵から倒された時が多いですよね。ほとんどの人は「こんな奴なんかにこの俺がキルされるなんて…!」という思いからイライラしてしまうと思います。

自分は上手くないと口では言っていても、自分より強い人がいるというのを受け入れきれてない気がするんですよね(私も含め)

なぜこんな格下にキルされないといけないのだと。でも実際には相手の方が技術は上で上手いわけです。(もちろん自分より格下にキルされることもありますよ)

自分より上手い人がいるということを受け入れることができれば冷静にプレイできる

まずは自分より上手い人はたくさん存在するという事実を素直に受け止めて、キルされてもただ怒るのではなく冷静になぜ負けたのかを考える必要があると思います。

イライラしっぱなしでは冷静には考えられませんからね。あまり熱くならずにドライにいきましょう。

あれだけのプレイ人口がいるわけですし、世界中の人がプレイしています。それにFPSに人生の全てを捧げてるようなアグレッシブな人もいるわけです。そんな超人を相手に休日だけFPSを遊ぶようなサラリーマンゲーマーが追いつけるわけがないんです。

もう、無理なんですよ。彼らはFPSに対する考え方が違いますので。同じ人間と思ったらダメです。ロボットか何かと思った方がいいです。どんなに頑張っても勝てない鬼のようなプレーヤーに遭遇することもありますから。

プロゲーマーと呼ばれる方々もいるくらいです。自分より上手い人は巨万といるという悲しい現実を素直に受け入れてください。それから自分のペースで少しずつ上手くなっていけばいいんです。

ここまで読んでイラっとした人がいるかもしれませんが、今回の内容は私自身に言い聞かせてるつもりで書いてます。

FPSを数年やってるけど未だに全く歯が立たない人もたくさんいる

FPSを始めて3年が経とうとしてるのでそれなりに戦えるようにはなったはずなのですが、未だに歯が立たない人がいるという辛い現実を素直に受け止められるようになりたいので…。

お、俺少しは上手くなったかな?と思ってるとメチャクチャ上手い人からボコボコにされる。なにクソ!と思って頑張る。全く歯が立たない。

もうね、全く歯が立たないんですよ。どんなに頭で考えて必死でエイムしても勝てない。

こんな人がまだ世界にはたくさんいるということを受け入れてまた毎日頑張っていきたいと思います。

皆さんも頑張ってください。

スポンサーリンク