4K対応のPS4はNeoではなくPS4Proだった!発売日は11月10日!

ps4pro

4K対応のプレイステーション4「PS4Pro」が11月10日発売と発表されました。

今までPS4NEOと言われていたものがPS4Proのようですね。名前はPS4Neoではなく、PS4Proだったのですね。

なんかプロの方がかっこいいですね。

価格は44,980円です。それなりに高いですがPS4が発売されたばかりの頃と比べれば、そこまで高くないのかもしれません。

photo credit: Games Week 2013 (Milano 25-27 ott. 13) via photopin (license)

スポンサーリンク

PS4ProのHDD容量は1TB、見た目が完全に菱餅

PS4®ProはCPU、GPUをはじめとしたシステムアーキテクチャの性能強化によって、これまで以上に精緻で快適な映像表現を可能としました。4K対応テレビをお持ちのユーザーの皆様は、全てのPS4®用ソフトウェアタイトルを4Kクオリティの画質、安定した高速なフレームレートなどにより、高い品質でお楽しみいただけます。加えて、4K解像度までのビデオ再生にも対応し、Netflix、YouTubeなどの4KストリーミングビデオサービスをPS4®Pro上でお楽しみいただけます。
フルハイビジョンテレビをお持ちのユーザーの皆様も、PS4®ProがPS4®の全てのゲームを1080pで出力し、一部の対応タイトルにおいては、より安定した高速なフレームレートで出力することで、一段とゲーム体験が向上いたします。
PlayStation®.Blogから引用)

HDDの容量は標準で1TBのようです。私は最近はゲームソフトをパッケージ版ではなく、ダウンロード版を買うことが増えたのでHDDの容量は多めがいいなと思っております。

前までは4K対応のPS4は必要ないかなと思っていたのですが、実際に発表されるとスリム型よりも4K対応のPS4Proの方が気になってきましたし、HDDも多めがいいと思ってますので11月にPS4Proに買い換えようかとも思っております(気が変わるのが早い)

現行のPS4よりもっとパワフルなPS4が欲しいという人はPS4Proへの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

ただ、見た目がさらに菱餅(ひしもち)になってますよね。現行のPS4は2段でしたが、PS4Proは3段になってますので(笑)

【PS4関連記事】

スポンサーリンク