弟者への悪口を見かけてもスルーしたほうが良い理由

otojya_waruguchi_20141110
YouTubeやニコニコ動画などは動画へのコメントができるようにコメント欄が設けられていますよね。人気のある投稿者ほどコメント数が多いものです。

さて、そんなコメントについてですが、嬉しいコメントばかりではありませんよね。中には批判中傷のコメントもあります。動画を観てもいないのに悪口だけ書いていく人もいるくらいです。

チャンネルによってはコメント欄が毎回炎上してるところもありますよね。悪口コメントに対して、返信で「悪口を書くなら観るな!」などとコメントされて、そのコメントに対してまた暴言のコメントを返したり、その繰り返しになっているチャンネルもたまに見かけます。自分の動画のコメント欄ではなくても見ると悲しい気持ちになりますよね。

ですが、弟者さんや兄者さん、2BROの動画は悪口が少ない傾向にあります。

スポンサーリンク

2BROに悪口を言えるはずがない

やはり動画自体のクオリティが高いですし、楽しんでゲームをプレイされてるのが伝わりますし、視聴者への配慮もされている為、悪口コメントが付きにくいのでしょうね。

弟者兄者2broの動画コメント欄が荒れにくい理由

とは言っても、100件に1件くらいは悪口を見かける時があります。

※悪口とは「動画の内容とは全く関係のない、ただの暴言」などのことです。

悪口とは呼ばないコメントもあるということを覚えておこう

「今回は弟者さん調子が悪かったね」とか、「移動のシーンはカットしたほうがいいんじゃない?」といったコメントは悪口とは言わないと思います。純粋にその動画を観ての感想でしょうし、視聴者としての投稿者へのアドバイスだと思うので悪口ではないと思います。これらのコメントに対して「じゃあ見るな。」などとコメントしたりするのは良くないと思いますよ。

さて、話を戻しますが、たまにある動画と関係のない悪口、暴言はどう対処したらいいと思いますか?

答えは簡単です。「気にしない」です。スルーしてしまいましょう。

悪口、批判を見かけても相手にしない

そこまで強めの悪口ではなくても、例えば「つまらん。」というコメントに対して「それなら見るな!」や、「お前の動画もつまらん!」などとコメントしてしまうと、ケンカになり炎上してしまう原因になります。

その人はただ、そう思ったというだけの話ですから。人は人。自分は自分です。悪口に言い返すことにコメント欄を使うよりは、自分が弟者さん達の動画を観ての感想や意見をコメント欄に書きこむ方が弟者さん達は嬉しいはずです。

たった一言の悪口に言い返した事がキッカケで荒れてしまったら、弟者さんもコメントを見ていて悲しい気持ちになると思いますよ。

そもそも、YouTubeのコメント欄の返信機能は悪口に言い返したり、ケンカしたりする為に使う機能ではないと思います。

怒りたくなる気持ちは分かる

たしかに自分が好きな実況者に対して悪口をYouTubeやTwitterに書きこまれたら、嫌な気持ちになるのは分かります。「私が好きな弟者さんの事を悪く言いやがったな!」と思うかもしれません。

でも、それで悪口に文句を言ってしまってはアンチの思う壺です。アンチは相手にしないことが1番の対処法だと思います。

弟者さん、兄者さんの悪口を言う人を許せないという気持ちは分かりますが、そこはグッと堪えてスルーしましょう。スルーできる力を身に付けましょう。

悪口とまでは言えないレベルの「面白くない」、「つまらん」というコメントをされた人も、その人は今回はそう思っただけなのかもしれません。いつも楽しみに見ていて今回はいつもよりも面白くなかったと感じたから、そうコメントしただけなのかもしれません。

どんな心境でどんな人がコメントしてるのか分かりませんので、悪口や否定的な意見を見かけても無視できるようになりましょう。

視聴者側の雰囲気作りも大事!

悪口が増えないような環境にするには視聴者側の雰囲気作りも大事なのかもしれませんね。

アンチの方々に対して「ここじゃ悪口を書けないな、悪口を書いてもスルーされるな。」という雰囲気を作っていけると良いのではないかと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

渡瀬公一

Game is Best(ゲームイズベスト)管理人の渡瀬公一(ワタセコウイチ)です。FPSが大好物。CoDWWII発売が楽しみ!※名前は本名ではありません。ハンドルネームです。プロフィール画像は素材サイトぴよたそ。