ゲーム実況でリップノイズを抑える方法を考えてみた

ゲーム実況

口を抑える女性

ゲーム実況を始めて1年くらいになるのですが、どうしても気になってる悩みがあります。それが「リップノイズ」です。

実況で喋ってる時に口の「ピチャッ」とか「ペチャッ」という音をマイクが拾ってしまうんですよ。自分でも気になるので視聴者が聞いたらもっと気になるはずです。

そこで今回はゲーム実況時にリップノイズを抑える方法を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マイクにポップガード、もしくはポフポフを取り付ける

一度くらいは誰しも見たことがあると思いますが、ポップガードというマイクの前に取り付けるアクセサリーを使う方法です。

マイクに息がかかってしまうのを防いだり、リップノイズを軽減する効果があるようですね。数千円で買えるので自分が使ってるマイクに合うものを探してみるといいと思います。

こういったポップガードが取り付けられないタイプであれば、マイクに被せるポフポフ、マイクカバーをつけるのもいいでしょう。

これもよく見かけると思います。

インタビューで使われてるマイクにはマイクカバーがつけられていますよね。数百円で購入できますのでとりあえず被せてみましょう。

ティッシュで代用するという方法もあるようですが、数百円、数千円で買えますのでちゃんとしたものがあるほうがいいと思います。

追記:ポップガードやポフポフは息がかかるのを防げるがリップノイズには効果なしか?

ポップガードを使い始めて最初の頃はリップノイズに効果があると思っていたのですが、最近はあまり効果が無いように感じてきました。

息がマイクにかかるのは確実に防げるのですが、リップノイズはやっぱり入ってしまいますね。小さい音も通さないようになってくれたかなと思ったのですが、リップノイズ自体、高めの音なので拾ってしまいますね。

リップノイズ防止としてポップガードを使うのは止めたほうがいいかもしれません。ただ、マイクに息がかかるのを防ぐ効果はありますよ。

歯磨きをしてからゲーム実況を収録する

歯磨きをする男性

リップノイズが出てしまう原因に口の中の唾液の量が関係してるようです。

歯磨きをすることで唾液の量を抑えることもできるようですよ。何かを食べたあとに口の中がベタベタしてる状態だとますますリップノイズが入りやすいと思います。

話しかける相手は人ではなくマイクですが、しっかり歯磨きをしてからゲーム実況を始めるといいかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ご飯を食べてからゲーム実況を録る。ただし、食べ過ぎには注意!

カップ麺を食べる男性

ゲーム実況を録り始める前に食事を済ませておくのも大事ではないでしょうか。

私は食べずに実況を録り始めることが多いのですが、そのせいか唾液がいつもより出やすかったりします。やっぱりお腹が空いてると何か食べたいという欲求から唾液が多く出るのかもしれません。

軽めに食べてから実況を始めると口の中が落ち着いてるんですよ(笑)

何も食べずに、食事前にゲーム実況を録ってるという人は何か食べてから開始してみてはいかがでしょうか。もちろん、食べたあとはしっかり歯を磨いて。

ただし、食べすぎには注意しましょう。腹八分、いや、半分でもいいかもしれません。食べ過ぎるとゲップが出やすくなりますから。「はい、みなさん、こんにちはー。今回も○○の実況プレイを始めていきたいと思いまーす。ゲフゥ…。」とか最悪ですからね(笑)

飲み物は水にしておこう

水を飲む女性

ずっと喋りっぱなしだと喉が乾くので飲み物を飲みながら実況を録る人も多いでしょう。

飲み物は水にしておいたほうがいいと思います。

私はコーヒーが好きなのでコーヒーを飲みながら実況を録ることがあったのですが、糖分のせいなのか口の中がベタベタすることがあります。

やっぱりベタベタしてるとリップノイズが入りやすいです。実況を録るなら水にしておいたほうが無難だと思います。

何も飲まずに実況を録ったほうが口が乾いてピチャッという音が入らないのでは?とも考えたのですが、適度に潤いを与えておいたほうが口の中の唾液の量がちょうどいいくらいになるような気がします。

何も飲まないと口の乾きを抑えようと唾液がいつもより多く出るのかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゲーム実況中のリップノイズ対策まとめ

色々と書きましたが、まとめると

  • ご飯を軽く食べて歯磨きをしてから実況を始める
  • 喉が渇いたら水を飲む

こんなところですかね。

追記:以前はポップガードも効果があるかと思っていたのですが、今はオススメしません。あくまでも息がマイクにかかるのを防ぐためと考えたほうがいいと思います。

リップノイズは唾液の量など体質もあると思いますので、完全に0にすることは難しいかもしれませんが、できるところから改善していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク