バイオRE:2の体験版をプレイした感想など

バイオ2リメイク

リメイク版バイオハザード2の体験版が配信されていましたのでプレイしてみました。ただ、30分限定1回限りの体験版でしたのでゆっくり隅々まで堪能する時間はありませんでしたね(笑)

ですが、バイオ2リメイクへの期待はさらに強くなりました。

今回はバイオRE2の体験版をプレイした感想を書いていきます。

スポンサーリンク

グラフィックが綺麗になった警察署は不気味さが増している

一部、レイアウトの変更があるものの、バイオ2オリジナル版の警察署がちゃんと再現されています。

グラフィックが綺麗になったことで不気味さが増していますね。次の部屋に行くのを躊躇ってしまいます。30分限定の体験版でなければ、グズグズしてしまって先になかなか進まなかったかもしれません。こういう意味ではプレイ時間が限定されていて良かったのかも?

署内が明るくないのもキツイんですよ。殆どの場所が暗いです。電灯のスイッチをいれることで明るくなる部屋もありますが、ほとんどライト無しでは真っ暗の部屋や廊下ばかりだったので辛かったですね(笑)今作はバイオ7とは違いFPSではなく、TPSだったところが幸いです。

体験版をやった限りでは一人称視点のバイオ7と比べたら三人称視点のバイオRE2の方が怖さは少ないと思いました。まぁ、レオンやクレアといったバイオお馴染みのキャラが出るのでホラゲーでもありキャラゲーでもありますからね。

ストレスを感じさせない操作性

今作はよくあるTPSの肩越し視点です。敵を狙う際も他のゲームと同様に狙えるので操作しやすいです。

私的にはモッサリしていることもなく、移動時やオブジェクトを調べる際もスムーズでストレスを感じませんでした。カギやナイフを使用する際もドアを調べればアイテムのリストが表示されるのでアイテム一覧から選んで使用できます。

ドアの前に立って手持ちのアイテムを自分で開いて使用するというような面倒なことは必要ありません。

また、ゾンビを射撃する時はデフォルトの設定では自分で照準を合わせるようになっていますが、苦手な人はアシストをオンにすることも可能です。シューティングゲームが苦手な人も安心だと思いますよ。

ゾンビが硬くてヘッドショットでも簡単には倒せない

リメイク版はオリジナル版とは違い、自分で照準を合わせられる(エイムできる)のでヘッドショットが狙えます。

ただ、ヘッドショットしてもゾンビが1発で倒れてくれないんですよ。ヘッドショットしても4発くらい当てないと倒せないです。倒れてもまた起き上がってくることがよくあります。これがちょっとキツイですね。全てのゾンビを倒して進もうとすると製品版では弾がすぐ足りなくなりそうです。

まぁ、バイオRE2のゾンビはバイオ4の敵のように移動速度が速かったり武器を使ってくるわけではありません。それでヘッドショット1発で倒せたらさすがに簡単に過ぎますよね。

あまり簡単にゾンビが倒せると怖さが半減してしまいますのでゾンビが強くされてるのだと思います。やっぱり敵を簡単に倒せないというのが一番の恐怖だと思いますから。

ヘッドショットでワンショットキルできてしまったら無双できますし全く怖くなくなるでしょう。なかなか倒せないくらいで丁度いいのだと思います。

ストーリーの展開もオリジナル版と少し違っていて新鮮な気持ちで楽しめる

グラフィックの綺麗さだけでも新鮮な気持ちで遊べますが、ストーリーの展開もオリジナル版と違ってる箇所が多いので新作を遊んでる感覚になりました。警察署に着いてから最初に行ける場所も変わっていますし、マップ内も一部変更が加えられています。

また、レオンが最初に出会う黒人の警官もオリジナル版では一瞬しか関わりませんでしたし、あっさりゾンビ化していました。でも、リメイク版では出番が増えておりレオンとの会話も多いです。

PS1の時はサラッと流された脇役にしっかりストーリーが用意されてるようですね。これでゾンビ化した警部補と再会した時はさらに衝撃を受けそうな気がします…。

ただ、レオンが遅れて警察署に来た理由が変更されてる点が気になりますね。確かオリジナルだと泥酔して寝坊してからの遅刻だったと思うのですが(笑)今作では待機命令が出されていたとなっていました。カプコンもレオンも変えたい黒歴史だったのでしょうか。

レオンやクレアの顔が今までのバイオと違いすぎるのでピンとこない(笑)

バイオ2リメイク

これは体験版が配信される前から話題になっていましたが、レオンもクレアも顔が今までと違いすぎる気がします(笑)

バイオ4やバイオリベ2のレオン、クレアと比べると別人ですよね。レオンは眉が濃すぎる気がしますし、ケツアゴだし。いや、ケツアゴはバイオ6からか?笑

日本語音声を聞けばピンとくるんですけどね。

まぁ、レオンはカッコいいですし、クレアは可愛いのでコレはコレでアリかなと(笑)

体験版はCERO:D指定だからグロさは控えめ

製品版はCEROがDとZの2バージョン用意されていますが、体験版はD指定のみでした。

D指定でも充分、グロいのですがPVでもっとグロいシーンがありましたのでそれと比べると表現が控えめだったかなと。

グロさに耐性がある人は製品版はZバージョンを遊ぶことをオススメします。やっぱりホラーですからグロくてなんぼかと(笑)もちろん対象年齢は守りましょう。

体験版の30分だけでは物足りないという人がほとんどだと思いますので、ぜひ製品版でじっくりリメイクされたバイオ2を堪能してみてください。

あと、ハンクと豆腐も出るようですね(笑)体験版クリア後の特典映像で確認できましたので。

バイオ2リメイク BIOHAZARD RE:2