PS4コントローラーの背面ボタンアタッチメントの割り振りを考えてみた!【オススメのボタン配置】

DUALSHOCK4背面ボタンアタッチメント

2020年1月16日から数量限定で販売が開始されるPS4のコントローラーの背面にボタンを配置できる「DUALSHOCK4背面ボタンアタッチメント」についてです。

DUALSHOCK4背面ボタンアタッチメントは2つのボタンを選んで配置することができるようです。これにより左右のスティックに指を添えたまま、○ボタンや方向キーを押すことが可能になります。いわゆるモンハン持ちが不要になりますね。もちろん他のボタンを配置することにも使えます。全16種類のボタンを割り振れるようになるようですね。

しかも、3種類までボタン配置を保存できるようで遊ぶゲームに合わせて変更できるという神仕様。私も絶対に買おうと思っています。

さて、そこで今回は背面ボタンアタッチメントにどのボタンを割り振るか考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

背面ボタンアタッチメントに割り振るなら方向キーか、丸バツ三角四角のどれかでは?

遊ぶゲームにもよると思いますが、せっかく背面ボタンアタッチメントに配置するなら方向キーか、○×△□のどれかだと私は思います。

モンハン持ちをしないのであれば、方向キーや○ボタンなどは左右の親指を使って押します。この親指を使って押す際に一時的に左右のスティックから指を離す必要が出てきますよね。これが私は不安なんですよ。

スティックから指を離すということはカメラ操作ができなかったり、キャラの移動が中断したりしますよね。パソコンゲームのキーボードとマウス操作で例えるならマウスから手を離すようなものだと思います。結構、不安感が強いです。

このスティックから親指を離す操作を無くすには背面ボタンに○や方向キーを置くことが一番だと思います。もちろん左右の全てのボタンを配置することはできませんが、ゲームによって使用頻度の高いボタンってありますよね。それらを背面に設置することでスティックから指を離す操作が減り、操作しやすくなり、安心感も増すでしょう。

普通にコントローラーを持ったら親指で押すことになるボタンを背面に設置して、中指か薬指で押すのが良いのではないでしょうか。L1L2、R1R2を配置するのは勿体ないと思います。

R3やL3(左右のスティック押し込み)を背面に配置するのもありかも

R3ボタンやL3ボタンはスティックを押し込む必要がありますが、FPSのようなダッシュや姿勢変更にR3L3を頻繁に使うゲームは消耗が激しいんですよね。すぐ壊れるという意見もよく聞きます。

スティックの消耗を抑えるためにL3とR3を背面に割り振るのもありかもしれませんね。押し込むのが疲れるという人もいるようですし、背面のほうが操作はラクかもしれません。

方向キーや○ボタン×ボタン等よりもR3L3の方が使用頻度が高いという場合は押し込みを背面に配置するのも得策でしょう。

まとめ

長々と書きましたが、まとめると

  • 普通にコントローラーを持って親指で押す必要があるボタンを背面に配置(全てのボタンは配置できないので使用頻度が高い2つのボタンを配置)
  • R3L3を多用するゲームなら背面にR3L3もアリ

といったところでしょうか。

背面ボタンアタッチメントも楽しみですが、数量限定というところを見ると好評なら通常販売されるのかもしれませんね。それか、PS5のコントローラー、DUALSHOCK5のテストも兼ねているのか?

楽しみです。