【違和感】ADSのことをエイムというゲームが増えてる件について思うこと

リフレックス

何年か前からFPSで武器を構えてサイトを覗き込む動作の事をエイムというゲームが増えてきた気がします。ゲーム内の説明文だけなら誤訳かもしれませんが、ゲーム関係のメディアでも見かけることがあります。そのせいか動画のコメントでもADSのことをエイムという人が増えたと思います。

これに凄く違和感を感じています。武器を構えてサイトを覗き込むことがADSで、照準を敵に合わせることがエイムじゃないの!?って言いたくなるんですよ。たとえ武器を構えてない状態、腰撃ちでも照準を合わせることをエイムっていうよね!?って言いたいんです。

細かいと言われてしまいそうですが、でも気になってたまらなくて(笑)

スポンサーリンク

武器を構える(サイトを覗き込む)ことがADSでエイムは照準を合わせること

ELO

画像の状態は武器のサイトを覗き込んでる、武器を構えてる状態です。これがADSだと思うんですよ。ADSってAim Down Sightの略ですし。

そして、ADS時だろうが、腰撃ち時だろうが照準を敵に合わせることをエイムと呼ぶと思います。

じゃないと、エイム練習と言われたら武器を構える練習になりますからね(笑)PS4ならひたすらL2を連打するだけの練習ということになります(笑)

そうではないですよね。敵に照準を合わせる練習をエイム練習というはずですから、構えることではなく敵に照準を合わせることがエイムだからエイム練習なんです。

(余談ですが、ADSしてる状態で照準を合わせることはエイムとは言わない、ADSする前に照準、クロスヘアを合わせることをエイムという、という方もいたりします。これはどうなんですかね?ADSした状態で合わせることもエイムというと私は思うのですが。)

なんか、何度も書いてると自分でも書き間違えてそうな気がしてきました(笑)

ADS=武器を構える・サイトを覗き込む

エイム=照準を合わせる

ですよね?

まぁ、どうでもいいことと言えばそうなのかもしれませんが、違和感を感じていたので記事にしました。共感していただけたらシェアしていただけると嬉しいです。