CoDで味方が敵に見える「スパイバグ」について

Call of Duty: WWII

Call of Dutyシリーズの伝統的なバグとして味方が敵に見える「スパイバグ」というものがあるそうです。

通常、CoDのTDMなどのチーム戦では敵の名前(ID)が赤色で表示されて、味方の名前は青色で表示されます。この名前の色で敵味方を区別するわけですが、このIDの色が変わってしまうようですね。

味方なのに名前が赤色に表示されてしまうバグがあるようです。味方だけど敵に見えるのでスパイバグと呼ばれてるようです。

一見すると全く弾が当たらないチーターに遭遇してしまったのでは?と思えますが、実際にはバグの場合が多いようです。たまに弾が当たらない敵がいたり、味方から自分が撃たれ続けたりするのはこのバグが原因だったんですね。

今までこのバグに遭遇した時は単に味方が私のことを嫌って撃ってきてるのかと思っていたのですが、バグで味方から私が敵に見えていたのかもしれません。(本当にイライラしてたのかもしれませんけどねw)

本当にチーターの可能性も少しはあるかもしれませんが、PS4やXB1などのCS機ならバグのことがほとんどだと思います。

スポンサーリンク