FPSにおけるFOVの意味とは?視野角を変えた場合の見え方の違いも確認!

Call of DutyやApex LegendsのようなFPSで「FOV」というワードを聞いたことはありますか?

FOVとはフィールドオブビューの略称です。視点を動かさずに見える範囲、視野角のことをさします。

FOVの設定を変更するということはプレイヤーがカメラ操作をせずに画面上に見える範囲を調整するということです。

せっかくですので、エーペックスレジェンズで視野角を変更した場合の見え方、画面の違いを画像で比較してみましょう。

スポンサーリンク

FOV(視野角)を変えた場合の画面の見え方の違いを画像で比較してみよう

視野角を70に設定した場合の見え方

まず上の画像がデフォルトの視野角70の画面です。では次に視野角を110にした場合の画面を見てみましょう。

視野角を110に設定した場合の見え方

次に視野角を110に変えてみました。70の時と見え方が全然違いますよね。左右の見える範囲が広がりましたが、画面の中央が遠くに見えるようになりました。(キャラの立ち位置は変えていません。)

せっかくなのでもう一度、画像を並べて見てみましょう。

視野角70の画面

視野角110の画面

キャラの立ち位置は変えていないのですが、全然見え方が変わってきますよね。これがFOVを変えた場合の視界の違いです。

見える範囲が広がるので視野角が広いほうが良いような気もしますが、エイムはしづらくなります。110が良いと言われる方もいますし、74がいいという方もいます。90がいいというかたも。もちろんデフォルトがいいという方もいます。これもエイム感度と同じで人それぞれ違うようです。

以上でFPSにおけるFOVの意味と実際の画面の違いについてのお話を終わります。