COD4:MWリマスターはCOD:IWを売るために出すのでは?

cod4mw

2016年のCOD「コールオブデューティ:インフィニット・ウォーフェア」にはCOD4:MWのリマスター版がついてくるようですが、MWがメインでIWがオマケでついてくると言ってる人も多いですね。それだけ新作CODは期待されていないCOD4:MWは面白かったということでしょう(笑)

そんなCOD4:MWリマスターですが、やっぱりCOD:IWを売るための撒き餌ですよね。エサというかCOD:IWだけだと売れない可能性もあるから面白かった過去作のリマスターも同梱させることで売れるようにしているのではないでしょうか。

リマスター単体では販売しないらしいので、COD:IWの滑り止めの役割で同梱(ダウンロード)して販売するのだと思います。

スポンサーリンク

未来戦CODが嫌いな人でも買ってしまえば遊ぶ可能性がある

さすがに買ってもらえないことにはCOD:IWも遊んでもらえません。買ってさえもらえれば、遊んでもらえる可能性があるわけです。

いいや!俺は遊ばないね!と言い切る人もいるでしょうが、ディスクがあれば遊ぶ可能性が1%くらいは出てくるわけですから。

COD4:MWリマスター版目的でも買ってもらえれば十分

遊んでもらうことも大事ですが、ソフトを売ることも大事ですよね。CODも商売です。あまりに売れなければ苦しいでしょう。そこでCOD4:MWリマスターを単体では販売せずに同梱することでIWの売り上げにもなりますよね。

ピョンピョンゲーは嫌だという人にも買ってもらうにはコレしかないでしょう。

皆さんはIWとMWリマスター、どちらが遊びたくて購入しようと考えていますか?

【COD関連記事】

ABOUTこの記事をかいた人

ワタセコウイチ

Game is Best(ゲームイズベスト)管理人のワタセコウイチです。FPSが大好物。CoDWWII発売が楽しみ!※名前は本名ではありません。ハンドルネームです。プロフィール画像はコナン顔メーカーを使用。