面白いのは最初だけ。私がポケモンGOに飽きた理由

ポケモンGO

ポケモンGOが日本でも配信開始されました。TwitterのタイムラインはポケモンGOのツイートばかりです。私も遊び始めました。

最初のポケモンはヒトカゲを選択、金曜日の夜は仕事が終わってから深夜徘徊してきました。私が住んでいるところは田舎ですが、それでも若者たちがスマホを片手にポケモンGOでポケモンを探して回っていました。私もしばらくウロウロしてポケモンを20匹ほど捕まえてから帰宅しました。いつも健康のために行っているウォーキングが少しだけ楽しかった気がします。

でも正直なところ、ポケモンGOは飽きました。

「ポケモンGO。あれ、あんまり面白くなかった。」

昔、マネーの虎っていう番組に出ていた社長さんが言っていた言葉を真似てみました(笑)あれ、あんまり美味しくなかった。だったかな?

私はノーポケモンマスターでフィニッシュしました。

スポンサーリンク

最初は面白かった。でもすぐ飽きた。

最初は楽しかったんですよ。スマホを片手に歩いているとピッピが出てきたりしてスマホ越しに見ると、ピッピが電柱の横にいたりして(笑)

でも、10匹を超えたあたりから少しずつ飽きてきたんです。

最初は丁寧に投げていたモンスターボールも段々と雑に投げ始めて(笑)

実際に歩いてポケモンを探すのは面倒

普通の3DSとかのポケモンの方がラクでいいかなとか思うようになってきました。挙げ句の果てには家の中にいながら近くに出現したポケモンだけを捕まえるようになってしまいました。

ポケモンGOはGPSを使っていますので自分が動かないとキャラクターが動いてくれません。どうにかして家にいながらキャラクターが動いてくれないかなーと思い始めちゃったんですよ。

これはもうポケモンGOをやらないほうがいいと思いましたね。

田舎はポケストップが少ない、プレイ人口も少ない

また、都会のようにポケストップがたくさんあればいいのですが、田舎だと何も無いんです。ただ道があるだけ。ポケストップを目指して歩こうなんてものなら何キロ歩くことになるか分かりません。だって、マップ上に見えていないんですもの(笑)

東京などで周りにポケストップやジムがたくさんあったり、プレイ人口が多ければ楽しいのかもしれませんが、田舎だとポケモンGOは不向きなのかもしれません。遊んでいる人には遭遇しましたが、やっぱり都会ほどではありませんので。

以上の理由から私はポケモンGOに飽きてしまいました。

ポケモンGOはウォーキングのついでに遊ぼう

ポケモンGO

アプリも一度、アンインストールしたのですがウォーキングのついでにポケモンGOを立ち上げて遊べばいいかと思いましたので、再度インストールしました。これからもウォーキングの時にのんびりポケモンGOを遊んでいこうかと思います。

飽きましたけど、ただ黙々と歩き続けるよりはポケモンGOがあったほうが楽しいと思いますので。

皆さんもあまり肩肘張らずにウォーキング、移動時のついでに気楽にポケモンGOで遊んでみてはいかがでしょうか。

【ポケモンGO関連記事】

スポンサーリンク