【CoD:BO4】いくつが良いの?エイム感度の決め方

ホログラフィック

CoD:BO4からFPSを始めた人は感度をいくつに設定したら良いのか分からないと思います。

高いほうが良いという人もいれば、低いほうが良いという人もいます。

そこで今回はBO4での自分にあった感度の決め方をお話します。(PS4、XB1ユーザー向けの記事になります。)

スポンサーリンク

まずは低感度からエイムに慣れていこう

低感度と高感度、簡単なのは低感度です。

どうしても高い感度だと微調整が難しいので敵との距離が離れていると照準を合わせようとしても、なかなかパッと合わせることができません。通り過ぎてしまうことが多いです(笑)

まずは低感度からエイムに慣れていって、徐々に上げていけばいいと思います。(だからといって最終的に最大まで上げる必要はありませんけどね)

とりあえず感度4から始めよう

まずは感度を4に設定して始めてみるといいと思います。3でもいいですが、ちょっと不安があります。4の方がいいかなと。私の感覚ですけど。1と2は諦めたほうがいいですね。立ち回りを意識してもさすがに動きについていけません。

感度4!?低すぎだろ!と思う人もいるかもしれませんが、充分戦えますのでご安心を。

まずは4から始めてしっかり敵に合わせられるようになってきたら徐々に5、6を上げていくといいと思います。いきなり高くするのは止めたほうがいいでしょう。1つずつ上げていったほうが自分の体に感度が馴染むと思います。

長くプレイしてるともう少し高いほうがいいなと感じるようになってきます。ちょっと敵の動きについていけないな、もう少し感度を上げても制御できるなとか。4で完璧にピタッと合わせることができるようになったら5、6と上げていくのもありです。

低い感度でどうやって戦うの?

4で戦えるわけねぇよ!という人もいると思いますが、立ち回り次第では充分戦えます。

下記のポイントだけ抑えておけばいいと思いますよ。

常に敵が出てきそうな場所を画面の中央で捉えながら移動する

まずは移動時の注意点ですが、敵が出てきそうな場所を画面の中央(照準)で捉えながら移動してみてください。

こうすれば敵が出てきたらトリガーを引くだけですから。エイムと言っても微調整くらいで済むでしょう。

地面や壁、全然違う方向を照準が向いてる状態で移動していると敵が出てきてからエイムしないといけないので間に合いません。画面の中央を使って敵を探すことを心がけるといいと思います。

というか、これは感度に関係なく大事なことだと思います。

敵に後ろを取られたら諦める(笑)

敵に後ろを取られたら諦めましょう。振り向いていたら間に合いません。諦めると言っても近くに建物や遮蔽物があれば逃げ込んでくださいね。すぐに振り向いて反撃を諦めたほうがいいという話です。

やっぱり、高感度でパッと振り向けるほうがいいじゃん、と思う人もいると思います。でも、高感度でも後ろから撃たれたら相手がよっぽど下手じゃないと勝てないんですよ。一瞬ですから。後ろを取られないような立ち回りの方が重要だと思います。

常にADSしたまま(武器を構えたまま)エイムしない

武器を構えてサイトを覗き込んだ状態をADSというのですが、常にADSしたまま照準を合わせようとしないほうがいいです。

どうしても低感度でADSしたまま照準を大きく動かそうとすると時間がかかります。ADSは細かい狙いを合わせるときだけ、微調整だけと考えたほうがいいでしょう。

大きく照準を動かす必要がある時は一旦、覗き込むのを止めて(PS4ならL2を離して)カメラを動かしてからまた覗き込んだほうがいいです。

Call of Duty: Black Ops 4

一人敵を倒して、横の別の敵に狙いを合わせる時に

Call of Duty: Black Ops 4

サイトを覗いたまま照準を大きく動かして合わせようとすると遅くなる。

Call of Duty: Black Ops 4

大きくカメラを動かす必要がある時は一旦、腰撃ち状態にして次の敵にだいたい照準を合わせてから

Call of Duty: Black Ops 4

覗き込んで微調整して撃つと低感度でも素早く照準を動かせる。

どうしても覗き込んだままだと遅いので、ADSと腰撃ちを使い分けて戦いましょう。

低感度だからって気にする必要はない

今回はBO4での感度の決め方をお話しました。

人によっては上手い人は高感度が多いというイメージを持ってるかもしれません。でも、海外の上手い人などは意外と低感度が多かったりします。上手い=高感度というわけではないと思います。

また、ゲーム実況者やプロゲーマーの○○さんは感度が10だったから私も10にしようというのは止めたほうがいいかと。それはその人に合った感度なので。それが自分にも合うかはわかりません。低いところから徐々に上げていって自分が合わせやすいと思う感度を見つけたほうが良いと私は思います。