CoD:WW2のベーシックトレーニング一覧

CoDWW2

CoD:WWIIにはディビジョン特有のディビジョントレーニングと、ディビジョンに関係なく装備できるベーシックトレーニングがあります。

WWIIはクラス作成システムPick10ではないのでベーシックトレーニングはパークや、ワイルドカードといったところでしょうか。

今回はCoD:WWIIのベーシックトレーニングを紹介していきます。

スポンサーリンク

ベーシックトレーニング一覧と効果

WW2のベーシックトレーニングは下記の通りです。

どれも過去作で使えたパークや、ワイルドカードと同じような効果がありますね。

オーダンス

  • スコアストリークのコストが減る
  • ケアパケがリロールできる(中身を変更できる?)

デュエリスト

  • セカンダリ武器のアタッチメントが2枠増える(ワイルドカードのようなもの?)

スモークド

  • リーサル装備枠が増える
  • スモークグレネードが装備される

ファントム

  • 静かに動ける(デッドサイレンス?)
  • 落下ダメージを受けない(高いところから降りても平気)
  • 行動中でも敵の航空機に発見されない

ローデッド

  • 弾薬マガジンが増える
  • リロードが速くなる

スコープド

  • 照準中の移動速度が上がる(ストックと同じ効果?ADSした状態での移動速度が上がる)
  • プライマリーウエポンに追加装備を支給

ステディ

  • 弾着のショックとタクティカルの影響を無効化(タフネス効果?)
  • 長い距離を走れる(マラソン効果?)

ハンカー

  • 敵の装備を見破る
  • 爆発ダメージを軽減(フラジャケ効果?)

アンダーカバー

  • 敵のデス地点を隠してキルできる(ドクロマークが表示されない?)
  • 狙われても名前が表示されず照準色が変わらない(コールドブラッド効果?)

フォレージ

  • 武器の入れ替えが速くなる
  • グレネードを投げるのが速くなる
  • 倒した敵から弾薬と装備品が拾える(スカベンジャー効果?)

Pick10は廃止されたけどトレーニングの組み合わせが楽しそう

今回はCoD:WW2のベーシックトレーニングについて書きました。

慣れ親しんだPick10が使えないのは残念ですが、ディビジョントレーニングとベーシックトレーニングを組み合わせてクラスを作成するのも楽しそうですよね。

ベータテストが待ち遠しいです。

(img via:PlayStation.Blog

スポンサーリンク