スポンサーリンク

SSDに換装したPS4を元のHDDに戻す方法

HDD

以前、PS4のHDDをSSDに換装したことがあったのですが、SSDを他のことに使いたくなったので元のHDDをPS4に戻すことにしました。

もし、換装した直後に元に戻すのであれば、HDDをそのまま戻すだけでOKですが、しばらく経ってHDDの中のデータが古くなっていたり、HDDを他の用途に使っている場合はセーブデータのバックアップやアップデートファイルの再インストールが必要です。

私の場合はHDDを動画のバックアップなど他のことに使っていたので、フォーマットし直してやり直すことになりました。基本的には初めてSSDに交換したときと同じ作業になりますが、一応メモしておきます。HDDからHDDに交換した場合も同じ作業です。

※作業は自己責任でお願いします。何かトラブル等が起きましてもコチラでは責任は取れませんのでご了承ください。また、記事の画像は一部、私がHDD→SSDに交換した際のものを流用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SSDからHDDに戻すために用意するもの

まずは作業に必要な下記のものを用意してください。

・USBメモリー

・PS4に戻すHDD

・ドライバー(プラスドライバーH型1番)

USBメモリーはセーブデータのバックアップとPS4にアップデートファイルを再インストールするために使います。HDDは元々、PS4に入っていたものを用意してください。ドライバーはSSDとHDDの交換作業に使います。

USBメモリーとHDDをexFATかFAT32形式でフォーマットしておく

USBメモリーとHDDをexFAT形式かFAT32形式でフォーマットしておきましょう。

フォーマットすると中のデータはすべて消えますのでご注意を。

PS4本体に保存しているセーブデータをUSBメモリにバックアップする

PS4本体に保存されているセーブデータをUSBメモリーにバックアップしましょう。

PS4を起動して設定を開いてアプリケーションセーブデータ管理を選びます。

PS4セーブデータ

本体ストレージのセーブデータを選びます。

PS4セーブデータ

USBストレージ機器にコピーするを選びます。

PS4セーブデータ

バックアップしておきたいゲームのセーブデータを選択します。

PS4セーブデータ

OPTIONSボタンを押せば複数のアプリケーションをまとめて選ぶことができます。

PS4セーブデータ

すべてバックアップしてもいいですが、この機会に不要なセーブデータは削除しても良いかもしれませんね。私はもう遊ぶ予定がないゲームや体験版のセーブデータはコピーしませんでした。

PS4セーブデータ

ゲームのセーブデータを選び終わったらコピーしましょう。

USBメモリー内にUPDATEというフォルダを作る

セーブデータを移したUSBメモリー内には「PS4」というフォルダがあると思います。

この中に「UPDATE」というフォルダを作ってください。画像だとこういう感じになります。

UPDATE

HDDを交換した後でPS4を起動する際にアップデートファイルをインストールするのですが、この時に必要になります。

PlayStationのホームページからアップデートファイルをダウンロードする

PSのサイト(下記のリンク)からPS4のアップデートファイルをダウンロードしましょう。

システムソフトウェア アップデート | PS4 – PlayStation

PS4再インストール

再インストール用のファイルを先ほど作ったUSBメモリ内のUPDATEフォルダにダウンロードしてください。

UPDATE

ファイル名は「PS4UPDATE.PUP」にしてください。

PS4本体のSSDを元のHDDに交換する

それではPS4のSSDを元のHDDに換装していきましょう。

まずPS4本体の電源を切って、電源ケーブルもコンセントから抜いてください。

PS4が新型か旧型なのかによってカバーの外し方が異なります。私は旧型になりますので、新型を使ってる方は取扱説明などをご覧ください。(でも今回は元のHDDに戻す作業になりますので皆さん一度は体験されたことがあるので大丈夫かと思います)

まず、ベイカバーを外して、

PS4のベイカバーを取り付ける

SSDを取り付けているカバーのネジを外していきます。

SSDをPS4に取り付ける

SSDをPS4に取り付ける

SSDをPS4に取り付ける

SSDをPS4に取り付ける

PS4のHDD取り外し

ネジを外したらSSDを取り出してください。

SSD

次に元のHDDをカバーに取り付けてPS4に戻していきましょう。

端子の向き、表裏にご注意を。

HDD

HDD

HDD

PS4のHDD取り外し

PS4のベイカバー取り外し

PS4のベイカバー取り外し

PS4のカバーも取り付けたら交換作業自体は終わりです。次にPS4を起動してアップデートファイルのダウンロード、セーブデータの復旧を行いましょう。

PS4の電源を入れてUSBメモリを接続してアップデートファイルをインストールする

PS4の電源を入れてコントローラーを有線で繋ぎ、PSボタンを押しましょう。

PS4セーフモード

アップデートファイルが保存されたUSBストレージ機器を接続してくださいと表示されますので、最初に用意したUSBメモリを挿し込んでOKを選びます。

PS4セーフモード

PS4セーフモード

しばらくお待ち下さいが表示された後、PS4を初期化しますと表示されるので、はいを選びます。

PS4セーフモード

システムソフトウェアのアップデートが終わるのを待ちましょう。

PS4セーフモード

PS4セーフモード

アップデートのインストールが終わるとPS4が再起動します。コントローラーのPSボタンを押しましょう。

PS4起動画面

あとはPS4を買ったときと同じセットアップ作業です。画面の指示に従って進めてください。

PS4起動画面

PS4起動画面

「別のPS4からデータを移行する」はスキップしましょう。

PS4起動画面

通常のPS4のホーム画面まで戻ってきたら残りはセーブデータとゲームの復旧です。

セーブデータの復元

PS4の設定を開いてアプリケーションセーブデータ管理を選びましょう。

PS4セーブデータ

次にUSBストレージ機器のセーブデータを選びます。

PS4セーブデータ

本体ストレージにコピーするを選びます。

PS4セーブデータ

あとは復元したいセーブデータを選びます。

PS4セーブデータ

コピーして本体ストレージの中にセーブデータがちゃんと移っていれば完了です。

ゲームデータ、アプリケーションのインストール

最後にゲームのダウンロード、インストールを済ませて完了です。

ディスク版はディスクを入れてインストール。ダウンロード版はライブラリから再ダウンロードしましょう。

PS4の一度購入して消したゲームを再ダウンロードする方法

以上でPS4の内蔵ストレージを元のHDDに戻す手順の説明を終わります。

PS4本体 PS4周辺機器
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました