ファークライニュードーンの新要素まとめ「敵や武器にレベルがある・武器や施設を強化・ホープカウンティ以外のロケーションなど」

ファークライニュードーン

ファークライニュードーンはファークライ5の続編となっていますが、5には無かった新要素も用意されてるようです。

そこで今回はニュードーンの新要素を現時点で分かる範囲でまとめてみました。あとついでに前作との違いや繋がりなんかも書いていきたいと思います。

発売前情報になりますので製品版では異なる点もあるかもしれません。その点はご了承ください。

スポンサーリンク

敵NPCについての新要素

まずは今作の敵になるミッキーとルーの姉妹が率いる組織ハイウェイマンについてです。

敵キャラもレベルが設定されているようです。

  • レベル1の敵はアーマーもヘルメットもつけていない軽装備
  • レベル2の敵は胸当てやヘルメットを装備
  • 最大レベルの敵は全身にボディーアーマーを装備

このようにレベルが高い敵は重装備になるため、簡単には倒せないようです。

レベル1の敵ならヘッドショットで1発でしょうが、レベル2になるとヘルメットを被ってるのでヘッドショットで倒せないと思われます。ヘルメットを弾いてから狙い撃つでしょうから2発必要になるのではないかと。最大レベル(エリート)はエンフォーサーと呼ばれる重装備の敵です。軽機関銃で撃ちまくるか爆発物でも使わないと倒せないでしょう。

でも気のせいかもしれませんが、以前のファークライにもこのシステムはあったような気がするんですけどね。レベルという扱いでは無かったのかもしれません。

武器は素材を集めてクラフトできる

ファークライ5では武器はショップで購入したり、敵が落としたものを拾うことが可能でした。ショップにてアタッチメントを購入して強化できました。ですが、ニュードーンでは自分で武器の素材を集めて作製することができるようですよ。

また、敵のレベルと同じく武器にもレベルがあるようです。レベル1からレベル3、その上にエリートというレベルが存在するとか。

敵が強くてクリアできないミッションが出てきたら武器をレベルアップして挑むといいと思います。逆に低レベルの武器で縛りプレイもアリかもしれません。かなり苦戦を強いられそうですが。

訓練で味方のガンフォーハイヤーのレベルアップも可能

ファークライニュードーン

今作にも主人公と一緒に戦ってくれる傭兵、ガンフォーハイヤー達がいます。

ニュードーンではこの傭兵も訓練で鍛えることができるようです。傭兵のレベルアップは拠点の訓練所に投資することで可能。

ただ、自分自身の武器装備にも投資する必要があるでしょう。どれくらいお金を稼げるか分かりませんが、投資のバランスを考える必要がありそうです。味方の強化も大事ですが、自分の装備の強化を先にしたほうが進めやすそうですね。

プロスペリティという拠点(ホームベース)

主人公たちはプロスペリティという場所を拠点に活動しているようです。ようは生き残った人々が生活しているキャンプですね。

ここに投資することで訓練所や診療所、ガレージなどが強化されていくようです。

ただ、ハイウェイマンが襲撃に来ることもあるようですので日頃から備えておく必要もあるとか。おそらくですが、襲撃されてまた主人公だけが捕まるという展開もあるんでしょうね。ファークライシリーズは主人公が何回も捕まるゲームですから(笑)

まぁ、前作のオンリーユーを聞かされるよりはマシな方法で捕まえてほしいです(笑)あのジェイコブのせいでトラウマです。

ハイウェイマンとの縄張り争い

ファークライニュードーン

主人公たちの拠点以外にもハイウェイマンの拠点もあるようです。

5でいうところのカルト基地と同じ扱いでしょう。ガソリンスタンドや工場をエデンズゲートの連中が占拠していましたよね。

ハイウェイマンが蓄えている資源を逆に奪ってやることでプロスペリティの強化に資源を使うこともできるとか。この世界ではエタノールが貴重な原料のようです。

奪ってしまうとハイウェイマンとやってることは同じような気もしますが、まぁ良いでしょう(笑)悪い連中からとってるわけですし。鬼退治に行って宝物を持ち帰る桃太郎と同じです(笑)

追記:エクスペディションというミッション

カルト基地のようなものもあるのでしょうが、新しい要素としてエクスペディションというミッションが追加されています。

決められた時間内にハイウェイマンの拠点に突撃して物資を奪って逃げ帰るというミッションです。

ヘリでその場所の近くまで連れて行ってもらって、時間内に物資をいただいて生きて帰る必要があります。ゆっくり隠れながら行けば安全でしょうが、制限時間があるのであまりのんびりもしていられないようですね。

追記:アウトポストというミッション

これも新しく追加されるミッションになるようです。その名もアウトポスト。

エクスペディションとは違い、ハイウェイマンが投下する物資をハイウェイマンより先に行って奪うというミッションだそうです。

追記ここまで。

ファーザーの組織エデンズゲートはニューエデンとして活動中

5に存在したファーザーことジョセフシードが率いる組織エデンズゲートはニューエデンとしてニュードーンの世界でも活動を続けてるようです。

ただ、5のように他の組織と敵対してるわけでは無いようです。でも友好的というわけでもないようで。

ですが、ニュードーンではファーザーと共闘する展開が用意されてるようですので、どこかのタイミングで関わることになるのでしょう。

5の主人公、保安官がどうなってるかも気になるところです。

ホープカウンティ以外のロケーションも

ファークライ5の舞台はホープカウンティのみでしたが、ニュードーンはホープカウンティ以外の場所に行くこともできるようです。これはファークライシリーズ初の取り組みとのこと。

言われてみればファークライ4はキラットだけ、5はホープカウンティだけでしたからね。マップを再利用しているので価格が抑えられているのではと思っていましたが、しっかり新マップもあるんですね。失礼しました。

ただ、核爆弾の影響を受けたのはホープカウンティだけではありませんので、新しいロケーションも核による被害を受けてるようです。別の場所もハイウェイマンの手が入ってるようですね。また、実際に存在する「ナバホ・ブリッジ」もあるようですよ。

新キャラクターや動物たち

5には出ていなかったキャラクターや動物たちも登場します。

例えば5で産まれたニックとキムの子供「カルミナ」だったり、(5に出ていたといえば出ていたのかもしれませんが。笑)

ブーマーの代わりとなる秋田犬のティンバーだったり。

さすがに5から17年も経っていますのでブーマーは生きてないようです。

また、ハークのように5から続投するキャラもいるようですよ。

でも、17年の歳月を経て見た目も変わっていたりするようです。

個人的には新要素も気になるがストーリーがスッキリ終わってくれることを祈る(笑)

今回はファークライニュードーンの新要素、前作からの繋がり、違いを話してきました。

ホープカウンティ以外の場所にも行けるようになっていたり、武器や敵にレベルが用意されたり、武器や施設の強化もできるようで続編でも新鮮な気持ちで遊べるのではないでしょうか。

でも私としては追加要素よりも5からのストーリーが納得のできる形で終わってくれるかが気になります。5の最後はスッキリしませんでしたからね。ファーザーと共闘するところも驚きましたが、最後はどうなるのか。

正直、心配な気持ちもありますが楽しみたいと思います。