絶体絶命都市4は災害マニュアルとして役立つと思う?

絶体絶命都市4Plus 体験版

絶体絶命都市4は災害がテーマのゲームです。主人公が災害に遭遇して崩壊した街から脱出を図ります。

もちろんゲームですのでフィクションではあるのですが、絶体絶命都市4をプレイすることで現実で地震や津波などの災害が起きた時に役立つのでしょうか。私は役立つと思います。

今回は絶体絶命都市4体験版をプレイしてみて、現実の災害でも役立つと思った理由をお話します。

スポンサーリンク

普通にゲームを進めるだけで災害時の知識が頭に入ってくる

災害に備えて災害マニュアルを読んでおこうと思っても、本を買ったり災害関連のサイトを見ようとはなかなか思いません。

テレビのニュースで災害を見て自分も知識をつけておかないと…と思ってもなかなか手を出さないんですよね。

ですが、ゲームだとやる気が出ます。そしてわざわざマニュアルを読もうとしなくてもゲーム内で色々なケースに遭遇します。地震の直後や余震など。そこで何をしたら良いのかチュートリアルとして表示されるんです。どこに行って避難するべきか、ラジオはスマホで聞けるかなど。普通にゲームを進めていくだけで最低限の知識は頭に入ってきます。

大きな災害を経験したことがない人だと実際に災害に遭遇したらまずどうするべきなのか分かっていない人は多いと思うんです。

学校や職場の避難訓練で知ってるつもりになってることが多い

学生時代は学校で避難訓練があると思います。社会人も会社での避難訓練があるはずです。訓練をやってるから実際に災害が起きても大丈夫と思っている人もいるでしょう。でも、訓練は訓練なんですよね。本物じゃないです。

何日の何時から地震が起きたと想定してやる場合がほとんどでしょう。みんな同じ場所に揃っている状態で点呼をとったりしてると思います。これだとあまり意味は無いと思うんですよ。たまに突発で訓練が始まることもありますけど会社にいる状態だとそこまで変わりませんよね。

もちろん訓練しないよりは良いですけど、実際に災害が起きるとみんなが一緒にいるとは限りませんし、他の人が的確に指示をくれるか分かりません。一人で出かけてる時に遭遇する可能性だってあります。

外で一人でいる時に災害が起きたらどうすればいいのか分からない人って多いと思う

一人でいる時に災害が起きたらまずどうするか分かってない人もいるのではないでしょうか。災害が起きたらまずどこに行けばいいのか。

こういった会社や学校の避難訓練では体験できないようなことを絶体絶命都市4のゲーム内で体験できます。もちろんゲームですが、もし災害にこういう場面で遭遇したらどうしよう?と考えることができますよね。これって凄く大事なことだと思うんです。

主人公は就活生として面接に向かってる時に災害に遭遇します。一人でバスに乗ってる時に災害が起きてそこからゲームがスタートです。一番遭遇する可能性が高そうなケースですよね。みんなで一緒にいて万全の体制で災害が起きることってあまりないです。

学校や職場の避難訓練では覚えられないことを絶体絶命都市4で覚えよう

絶体絶命都市シリーズは会話の選択肢の多さなどが魅力として取り上げられることが多いですが、それ以上に災害マニュアルとしての魅力もあると思います。

きちんとした文章のマニュアルも3では用意されていましたので4もマニュアルがあるはずです。それをじっくり読んでもいいですし、ゲームをプレイしながら自然と身に着けてもいいでしょう。

どうしてもいつも学校や職場で行われている避難訓練はテンプレ化されていますので、同じことの繰り返しになってることが多いです。それも大事ですが、どうせいつも同じ事と考えて流してる人もいるでしょう。

絶体絶命都市4を機会にもう一度しっかり災害時の対応について勉強してみてはいかがでしょうか。