私がデュエルリンクスをやめた理由

デュエルリンクス削除

遊戯王デュエルリンクスを辞めました。

リリース後しばらくは楽しく遊び続けられていたのですが、ここ最近は楽しめなくなっていたのでアプリ削除に踏み切りました。

課金もしていたのですが、課金総額がとんでもないことになる前に辞めれてよかったかと思います。

今回は私がデュエルリンクスをやめた理由をお話しします。

スポンサーリンク

コロシアムでの対戦が同じデッキ、同じキャラばかりで楽しくなくなったから

コロシアムでの対戦が上位にいくと同じデッキばかりであまり楽しくなくなりました。そして、使うキャラも同じキャラが多くて。

またピエロかよ…またバンデットキースかよ…また墓守かよ…という感じですね。やっぱり同じデッキ、同じキャラばかりだと飽きてくるんですよね。ランキング上位を維持するためには仕方ないことなのかもしれませんが、新パックが出てるわけですので色々なカードを見たいですよね。リアルの遊戯王はどうなのか知りませんが、OCGでも同じカードを使うことが多いのでしょうか。

あと、バンデットキースが多いというところもウンザリでした。オラオラ!早くカードを出しな!このセリフを聞くだけでウンザリでした。セリフをオフにしてもいいのですが、さすがに静かで寂しいので。

ジェムが足りなくて課金しないと新パックが買えなくなったから

新パックが出る頻度が上がってくれたのは嬉しいのですが、配布されるジェムの数が足りていない気がします。とても無料配布されるジェムだけでは足りません。

新パックのURカードを揃え終わる前に次の新パックが出てしまい、ジェムが足りない状況になってしまいます。配布されるジェムの数を増やすか、1パックのカード枚数を増やしてくれればいいのですが。

イベントばかりで他のゲームに手が回らなくなったから

ペガサスのトゥーンワールドやバクラのウィジャ盤のイベントなどが頻繁に行われていますが、ちょっとイベントばかりでバタバタしてしまうんですよね。

イベントの消化に追われるというかなんというか…。モブキャラを倒してスターチップやダイスを貯めないといけないので。イベント中は心が休まる暇がありません。

イベント中はコロシアムでデェエルなんてしてる余裕がありませんでした。

課金総額がとんでもないことになりそうだったから

ジェムが足りないと言いましたが、足りない分は課金してカバーするしかありませんでした。

何回、iTunesカードを買いに行ったか分かりません。クレジットカードだとガンガンつぎ込んでしまいそうだったので、その都度iTunesカードを買いに行って課金するようにしていたのですが、それでも仕事帰りなどにコンビニでカードを買って課金してしまっていました。これ以上続けると課金額がとんでもないことになりそうだったのでやめました。

アイドルマスターのアプリに何十万もつぎ込んでる人がいると聞きますが、私もデュエルリンクスで同じような状況に陥りそうだったのでやめて正解だったと思います。

マナーが悪いプレイヤーが多かったから

コロシアムでのオンライン対戦でマナーが悪いプレイヤーが多いというところもデュエルリンクスを辞めようと思った理由の一つです。負けそうになったらタスクキルで通信切断する人が多いところが嫌になりました。

決闘者なら最後まで戦えよ!なんて叫んだこともありましたが、もう我慢の限界になりました。あとキャラのセリフを発することもできるのですが、意味もなくセリフを連発して次のフェイズに進まないプレイヤーも嫌でしたね。

遊戯王デュエルリンクスに限らず、マナーが悪いプレイヤーは存在するのですがアプリ自体が無料のため、色々な人がプレイしていると思います。特にマナーなんて考えない人も多いでしょうからね。

デュエルリンクスのアプリを削除してコナミIDも削除しました

というわけで色々書きましたが、私のデュエルリンクスアプリを削除してデュエルリンクスをやめる手続きを済ませました。

まずはiPhoneからデュエルリンクスのアプリを削除します。

“Duel Links”を削除しますか?
このAppを削除すると、Appのデータも削除されます。

デュエルリンクス削除

バッテリーの残りも少ないですね(笑) あとで充電します。

いやー、過去にもパズドラやFFRKを削除したことがありますが、デュエルリンクスが一番緊張しましたね。

それでは削除。

デュエルリンクス削除

削除完了です。

ついにデュエルリンクスとお別れです。

次にコナミIDも削除して退会します。

KONAMIID削除

これでデュエルリンクスの全てを削除しました。

約半年の短い間でしたが、子どもの頃の気持ちを思い出すことができました。

ありがとう、遊戯王デュエルリンクス。

【デュエルリンクス関連記事】

スポンサーリンク