PS5

PCに保存されている動画をPS5本体に移す方法

PS5 シェアファクトリー

パソコンからUSBドライブを使ってPS5本体のメディアギャラリーに動画を入れる方法を紹介します。

対応しているビデオフォーマットはmp4,m4v,mov,webmです。

※USBメモリが必要ですので事前に用意してください。

USBメモリー内にフォルダを作る

まず、USBメモリー内にパソコンで「SHAREFACTORY」という名前のフォルダを作ってください。普段、PS5で使ってるUSBなら「PS5」フォルダと同じ階層でOKです。

PS5 シェアファクトリー

次にSHAREFACTORYフォルダの中に「VIDEOS」という名前のフォルダを作ります。

PS5 シェアファクトリー

階層の並びは /SHAREFACTORY/VIDEOS という並びになります。

USBメモリをPCで開くとSHAREFACTORYフォルダがあって、SHAREFACTORYフォルダを開くとVIDEOSのフォルダが出てくる感じです。

VIDEOSのフォルダの中にPS5本体に入れたい動画を入れる

PS5 シェアファクトリー

VIDEOSのフォルダの中にPS5本体へ移したい動画をPCで入れます。今回は例としてtest.mp4という名前でヒットマンのプレイ動画を移動します。

USBメモリをPCから取り外してPS5に接続する

動画をUSBメモリに移したらUSBメモリをPS5に接続してください。

ShareFactoryをPS5にダウンロードする

シェアファクトリースタジオ

PS5本体に動画を移すにはPS5の無料アプリ、ShareFactoryStudioが必要ですのでPSストアからダウンロードしてください。

【関連】【PS5】シェアファクトリースタジオをダウンロードする方法

ダウンロード済みの方は飛ばしてもらって大丈夫です。

ShareFactoryを起動してビデオをインポートを選ぶ

PS5 シェアファクトリー

ShareFactoryを起動したら工具箱のアイコンの「ツールボックス」から「ビデオをインポート」を選んでください。

USBからインポートを選ぶ

PS5 シェアファクトリー

次にUSBからインポートを選んでください。

エラーが発生しましたと表示されることがあるが、無視でOK

すると、ビデオクリップのインポート中にエラーが発生しました、ファイルを開けません、とエラー画面が表示されてしまうことがあります。

PS5 シェアファクトリー

でも、エラーが出てもインポート可能なので、ひとまず丸ボタンを押してエラー画面を閉じましょう。

USBに保存されている動画の一覧が表示されたら動画を選んでインポートする

エラー画面を閉じると、インポートの画面にUSBメモリに移した動画のサムネイルが表示されます。

PS5 シェアファクトリー

次にPS5に取り込みたい動画をバツボタンで選択して、四角ボタンで選択項目をインポートを選んでください。

インポート中の画面が表示されたら、そのまま待ちましょう。

PS5 シェアファクトリー

インポートが完了したら、メディアギャラリーに動画がインポートされます。

PS5 シェアファクトリー

はい。さっきまで空だったメディアギャラリーに動画が保存されました。

メディアギャラリーに動画を入れたいだけの人はこれでShareFactoryを閉じてもOKです。

ShareFactoryで編集を続けたい人はそのままクリップを選択して編集してもいいです。

PS5 シェアファクトリー

PS4の時と同様にトリミングやカットなどの編集が行なえます。

PS5 シェアファクトリー

編集した動画はメディアギャラリーにエクスポートすることもできます。

PS5 シェアファクトリー

レンダリングが終わればメディアギャラリーに編集後の動画が入ります。

PS5 シェアファクトリー

そのままシェアすることも可能です。

PS5 シェアファクトリー

お好みで使い分けてください。

PCからPS5に動画を取り込む時の注意事項

PS5 シェアファクトリー

ShareFactory内でも確認できますが、PS5に動画を取り込む時の注意事項を載せておきます。

対応しているビデオフォーマットや解像度などが記載されています。

もし、動画が移せない場合は確認してみてください。

以上です。