スポンサーリンク

【RDR2】どっちで遊ぶ?FPS視点とTPS視点それぞれのメリット・デメリット

『レッド・デッド・リデンプション 2』 公式ゲームプレイ動画 第2弾

レッドデッドリデンプション2はカメラ設定を一人称視点と三人称視点、どちらでもプレイ可能です。

ですが、FPSとTPSが自由に変えられるとなると逆に悩むんですよね(笑)

そこで今回はRDR2をFPS視点とTPS視点でプレイした場合のメリットデメリットを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FPS視点でプレイするメリット

一人称視点でプレイするメリットは下記があると思います。

  • TPSよりもFPSの方が没入感が得られる
  • 戦闘は慣れると狙いやすくて戦いやすい

やっぱり三人称視点よりは一人称視点の方がRDR2の世界に没入できると思います。キャラクター視点の方がその世界に自分が入ってる感覚でプレイできるんですよね。どうしても三人称だと主人公を第三者の視点から見てることになりますから。

自分がRDR2の世界に入っていると言うよりも、RDR2の世界のキャラを外から見てる感じになりますので。

移動時に自分の目で山や川、大地を見てる感覚を味わえると思います。街にいるキャラクター達の顔や動いてるところを主人公の視点で見れるのは面白いと思います。(イベントシーンは除く)馬に乗ってる場面など臨場感が全然違うでしょう。

これはGTA5で実感できましたので間違いありません。(GTA5はTPSとFPSでそれぞれ1回ずつクリアしたことがあります。)

FPS視点でプレイするデメリット

メリットもあれば当然デメリットもあります。

一人称視点でプレイすることでのデメリットは下記が考えられます。

  • 自分のキャラクターの動きを楽しめない
  • 人によっては酔いやすい
  • FPSでの戦闘は慣れるまでは難しく感じるかも

まず、FPSだとキャラクターの視点がカメラになりますから当然、主人公アーサーの動きは見えません。どうやって歩いて、どんな仕草をしたのか、どう頑張っても腕や足くらいしか見えないでしょう。

人によってはこの主人公のキャラクターの動きが見えないからFPSは嫌という人もいるようですね。

また、一人称視点でカメラを動かすと酔ってしまう人もいるようです。TPSに比べると目まぐるしくカメラが動くでしょうし。ゲームで酔ってしまっては勿体無いので無理はしないほうが良いでしょう。

FPSをやったことがない人は酔うだけでなく、最初は戦闘も難しく感じてしまうかもしれません。どうしてもTPSとFPSでは勝手が違いますからね。実際、私もTPSばかりやってきて初めてFPSを遊んだ時は難しく感じました。ですが、慣れると本当にFPSの方が戦いやすいですよ。TPSに比べるとはるかに狙いやすいですし、戦闘の緊張感もあります。

少しプレイすれば慣れると思いますので、FPSをやったことない人にも挑戦してほしいですね。

TPS視点でプレイするメリット

それでは三人称視点でプレイする場合のメリットを見ていきましょう。

基本的にはFPSの逆だと思えばいいかと思います。

  • 主人公キャラの動きを見て楽しめる
  • FPSに比べカメラ酔いはしにくい
  • 操作に慣れている人が多い

こんなところでしょうか。

TPSですから主人公のアーサーの動きを見て楽しむことができます。

移動時やちょっとした仕草などFPSでは楽しめない良さがあります。馬に乗って移動するシーン、戦闘シーンがFPSだと馬の後頭部、銃、自分の腕くらいしか見えませんからね。

没入感は控えめでしょうが、見て楽しむ良さがあると思います。

また、FPSに比べればカメラワークでの酔いは少ないでしょう。カメラ揺れで酔うことはあるかもしれませんが、一人称視点ほど激しくカメラがグルグル回ることはありませんからね。

それから世に出回ってるゲームの殆どはTPSです。そのためFPSよりもTPSの方が慣れてるという人が多いはずです。レッドデッドリデンプションをプレイしたことがなくても違和感なく遊べるはずです。

TPS視点でプレイするデメリット

それでは最後に一人称視点で遊ぶ場合のデメリットを考えていきましょう。

  • FPSに比べて没入感は控えめ

これだけかと思います。

やっぱり一人称視点と比べるとゲームへの没入感は控えめだと思います。あくまでも第三者の視点から主人公を見て動かしてるわけですので。

私は他のゲームではFPSとTPS両方とも遊ぶ人ですが、やっぱりFPSのゲームのほうが没入感が凄いと思います。FPSの方が自分がその世界に入り込んでいる、主人公になってる感は出ます。

ただ、TPSでプレイする場合のデメリットはこれくらいかと思います。戦闘は慣れるとFPSの方が狙いやすいと思いますが、さっきも言ったとおりFPSよりもTPSを遊んだことがある人のほうが多いです。

TPS慣れしてる人のほうが多いわけですから、TPSで遊んだほうが最初からラクな人が多いのは間違いないですね。慣れるとホントにFPSの方が戦いやすいんですけどね。

FPSとTPSを切り替えながら遊ぶのもアリだと思う

今回はRDR2をFPS視点とTPS視点で遊ぶ場合のメリットデメリットについてお話しました。

どちらかに固定して最初から最後まで遊びたいという人もいると思いますが、ところどころで変えてみるのもいいと思いますよ。

メインストーリーに絡む部分はFPSで遊んでそれ以外はTPSで遊んだり。もしくはシネマティックモードが使えるらしいので、映画のワンシーンのような視点を探すのも面白いと思います。GTAとかよくやりますよね。車に乗ってるときとか上空から映したりして(笑)

レッド・デッド・リデンプション2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました