【PUBGモバイル】スマホ版なりの狙い方を考えてみた!スマホだから難しい「ながら操作」

PUBGモバイル

スマホ版PUBGは面白いのですが、やはりスマホですから操作が難しいです。(難しいというかやりにくいといったほうがいいですかね)

キャラの移動は大丈夫ですがエイム(敵に照準を合わせる動作)が特に大変です。エイムするだけならまだしも射撃も画面タッチで行いますから照準を合わせつつ撃っていくのが大変です。立ち止まってしまうと良い的になってしまうので動かないわけにもいきませんし。

そこで今回は私なりに考えたPUBGモバイルで狙うコツを紹介します。

スポンサーリンク

動きながら狙う、動きながら撃つ、狙いながら撃つ、この「ながら操作」が難しい

最初に言っておきますが、スマホに取り付けるコントローラーやトリガーのようなアタッチメントは使用しません。ただのスマホでやってます。

まず、PUBGモバイルの何が難しいかと言ったら狙いながら動く、狙いながら射撃することです。この「ながら操作」が凄く難しいんですよ。

例えばPS4などのCS機であればコントローラーで操作をします。コントローラーには普通のボタン以外に上にトリガーなどがついています。これがあるおかげで動きながら覗き込んだり、動きながらエイム、動きながら射撃ということが簡単に行なえます。

でも、スマホの場合は画面にしか操作できるボタンがないのでPS4のようにL2トリガーで覗き込んで右スティックでエイムして左スティックで動きながらR2トリガーで撃つことが困難です。

PUBGモバイルの場合、エイムは画面右側をタップして行います。敵が動けば画面右を触りながら狙い続けないといけませんよね。この場合、画面左においてある射撃ボタンで撃つしかありません。そうなると画面左でキャラクターを移動させることが難しくなります。立ち止まった状態で撃たないといけませんよね。

いわゆるレレレ撃ちができなくなってしまいます。立ち止まってると敵が狙いやすいのですぐやられてしまいます。左右に動きながら撃とうとすると右手で撃つしかないのでエイムするのが難しくなりますよね。

止まってる敵なら照準をあわせたあとで撃てばいいですが、敵が動き続けていたらこちらも合わせ続けないといけないです。照準を合わせながら射撃しようとすると歩けないし、歩きながら撃とうとするとエイムができない。

そこで考えた戦い方は目の前やわりと近い距離にいる敵と撃ち合う際は移動することで照準を合わせていきましょう。

PUBGモバイル

普通は画面右でカメラを動かすのですが、それは止めて自分のキャラを動かすことで調整して照準を合わせていけばいいと思います。近距離であれば腰だめでもいけますし、敵が左に動けば自分も左に動いてください。

やっぱり動きながら撃つのが一番撃ち勝てると思いますので。本当ならこの合わせ方は良くないと思うのですが、スマホ版ですから仕方ありません。

で、遠距離の敵と戦う時だけ画面右でカメラを動かしてエイムすればいいと思います。ただ、画面右で照準を合わせるとなるとキャラクターの移動がしづらくなります。左で射撃せざるを得なくなりますから。

それに遠距離だとサイトを覗き込まないと難しいですし覗き込むと移動速度が下がります。

PUBGモバイル

そこで活用するのが遮蔽物です。

動けない分、建物や壁で身を守りましょう。(遮蔽物は遠距離じゃなくても活用したほうがいいですけどね)物陰から頭だけ出して撃てるリーン撃ちを活用するといいでしょう。

PUBGモバイル

リーン撃ちは操作設定からリーン撃ちを有効にしておかないといけませんのでご注意を。リーン撃ちはボタンを離してもリーン状態が解除されない設定にできますから画面左での射撃も可能です。

と、長くなりましたがまとめると

近距離、中距離の戦闘は画面右を使わずに動きながら照準を合わせる

遠距離は遮蔽物を使ってリーン撃ちを活用する

こんなところでしょうか。

ただ、スマホ操作ですから多少、棒立ちでの射撃やエイムがグダグダになるのは仕方ないと思います。すべてをPCやCS機のように操作しようとするならスマホにアタッチメントでもつけないと厳しいですからね。

あとはスマホの持ち方をモンハン持ちのようにするかですね。親指と人差指を使えばコントローラーのような操作もできなくはないです。誤射、ご操作も多いですが。。。私は左の射撃ボタンを右上に持っていって右人差し指を曲げて射撃したりもします。指が疲れますけど…

スポンサーリンク