ゴッドオブウォーはコレクション要素あり。オープンワールドではないが寄り道することをオススメする。

PS4ソフト「ゴッドオブウォー」にも収集要素がたくさん盛り込まれているようです。陶芸品などコレクションできるアイテムであったり、北欧神話について知識が手に入るものだったり。

また、クレイトス達の防具に使えるアイテムなども配置されてるようです。ただ、クラフトやカスタマイズなどはゲームを少し進めたところでブロックというドワーフの鍛冶屋が装備のカスタマイズをしてくれるようです。

それから装備する防具によってクレイトスの見た目も変わるようですね。公式サイトなどの情報ではクレイトスが青色の鎧を身に着けてるところなどが確認できました。性能だけでなく、見た目も変わるとなると結構こだわりたくなってしまいます。

おふざけ装備などは用意されていないのでしょうか(笑)さすがに世界観やキャラが崩れてしまうからないですかね(笑)個人的には兜を被せたいんですけどね。西洋の鎧みたいな装備はないんでしょうか。

防具の素材になるアイテムなども配置されてるようですので、まっすぐゲームを進めるのもいいですが色々な場所を探索することも必要になってきそうです。

今作はオープンワールドというわけではありませんが、それに近いくらい壊せる壁や登ることができる場所が用意されてるようです。

ゲーム中ではガイドなどが用意されていないらしいので迷うことも多くなりそうですが、ついでにアイテム収集と考えながらウロウロしてみるといいと思います。落ちてるものを拾うことでしか手に入らない素材などもあるでしょうし。

クレイトスの武器リヴァイアサンを使うことで作動するギミックなどもあるようです。コレクション目的もありますが、こういった謎解き要素も楽しみの一つだと思いますね。