スポンサーリンク
CoD:Vanguard

CoDヴァンガードで酔わないようにする方法

スポンサーリンク

コールオブデューティーヴァンガード

CoDヴァンガードを少しでも酔わないようにプレイする方法を紹介します。

FPSですのでTPSよりもカメラワークが激しい為、酔いやすいのは仕方ないのかもしれませんが、少しでも軽減されれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

感度を少し低めに設定

CoDヴァンガード

カメラ感度は少し低めに設定しましょう。5や6でも立ち回り次第で充分に戦えますので。

毎日プレイしていると少しずつ慣れてきて酔いにくくなりますので、そこから少しずつ上げていってもいいと思います。

カメラの動きを最低(50%)に変更

CoDヴァンガード

グラフィック設定の「カメラの動き」を最低(50%)に変更しましょう。

カメラ揺れが抑えられるので視点が落ち着いて酔いにくくなります。どうしても演出のためか完全にオフにはできないみたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ワールドモーションブラーとウエポンモーションブラーをオフに変更する

CoDヴァンガード

視点を移動した際に、ぼかし効果を与えるモーションブラーもオフにしておきましょう。ワールドモーションブラー、ウエポンモーションブラー、両方ともオフで。

CoDヴァンガード

ぼやけると見えづらいですし、ハッキリ見えないと気持ち悪いものです。

被写界深度もオフに変更する

CoDヴァンガード

焦点が合ってない箇所は、ぼかしを入れる演出の被写界深度もオフにしましょう。

演出としてはいいのかもしれませんが、ぼやける効果は避けましょう。酔いやすいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

テレビ、モニターの画面から少し離れてプレイする

使ってるモニターやテレビの画面から少し離れてプレイしましょう。

どうしても近づいた状態の大きい画面だと視点移動が大きくなるので酔いやすいです。

もしくは小さめのモニターを使うのも良いと思います。視点を大きく動かさなくても全体を見れるようなサイズで。

毎日1時間でもいいのでFPSをプレイして慣らしていく

あとは自分の問題ですが、FPSを始めたばかりの人は毎日1時間でもいいのでプレイしましょう。

酔う酔わないは慣れもありますので、一人称視点のゲームに慣らしていってください。

でも無理は禁物です。体調の良くない日は休みましょう。また、気分が悪くなってきたら休憩をとりましょう。気をつけてプレイしてください。

以上です。

CoD:Vanguard
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲームイズベスト | ゲーム・エンタメ情報ブログ
タイトルとURLをコピーしました