FF9のラスボスは永遠の闇よりクジャの方が良かったよな?ガーランドでも良いけど・・・

FINAL FANTASY IX

PS4版のFF9リマスターをクリアしてみて改めて思ったのですが、FF9のラスボス「永遠の闇」の存在意義が分かりません(笑)

パッと急に出てきてワシがFF9のラスボスやで。と言われても困ります。

お前、誰やねん!どう見てもペプシマンだし。

初代PSのオリジナル版をプレイしていた時は友達と永遠のハゲなどと罵っていたものです。

あの流れですからFF9のラスボスはクジャで良かったですよね。

スポンサーリンク

クジャとバトル、その後でトランスクジャとバトル、その後でモンスターと化したクジャとバトルという流れ

FINAL FANTASY IX

まずは普通の白髪銀髪のクジャとバトル、その後でトランス・クジャと戦う。

その後で巨大化して化け物になったクジャと戦う方が自然な流れのような気がします。

FF7のセフィロスもモンスターになっていましたし、FF8のアルティミシアもグリーヴァにジャンクションしたりしていましたので。

でも、それだと今までと同じだから永遠の闇を出してみました。というのがスクウェアソフトさん(当時)の考えなのかもしれませんが。

もしくはテラでガーランドを出すのではなく、トランスクジャを倒した後でやはりクジャではダメだったか・・・のような感じでガーランドに登場してもらうというのが良かった気がします。

まずはノーマルのガーランドとバトル、その後で永遠のハゲ、ペプシマンに変化するという風に。

ガーランドがラスボスでガーランドのトランス時の姿が永遠の闇でも良かったのでは?

FINAL FANTASY IX

もちろん永遠のハゲという名称ではなく、トランスガーランドという風に。

ガーランド 「本当のトランスを見せたやろう!」

とかなんとか言って変化してくれれば私の中では完璧です。

でも、これだとFF8のアルティミシアと同じなんですかね(笑) 本当のジャンクションを〜とかなんとか。

色々言いましたが私が考えるFF9のラスボスはこんな感じです。

皆さんはFF9のラスボス永遠の闇をどう思いますか?

スポンサーリンク