スポンサーリンク
ゲーム実況:機材・ソフト実況の録音

【レビュー】PS4でも使えるオーディオインターフェイス「Behringer Xenyx 302usb」を使ってみた感想(音質や使用感など)

スポンサーリンク

Behringer Xenyx 302usb

激安のオーディオインターフェイス、Behringer Xenyx 302usbをゲーム実況のために買ってみました。6,000円で買えてオーディオインターフェイスにしてはリーズナブルな価格設定となっています。

よくブログや動画でも紹介されているYAMAHAのAG03↓と比べると約3分の1の値段でした。

初めてオーディオインターフェイスを購入するのに2万円近く出すのは躊躇ってしまう人もいると思いますが、6,000円くらいなら買いやすいかと思います。

しかも、PCに繋いで使用するだけでなく、PS4に繋いで使用することも可能でした。これは予想外。

ただ、安いと音質や使い勝手が気になるという人は多いと思います。そこで今回は音質を比較したり、ゲーム実況で使ってみた感想を書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Behringer Xenyx 302usbの音質をチェックしてみよう

まずはどれくらいの音質で録音できるのか確認です。

動画にてPCに直接マイクを繋いだ場合、Behringer Xenyx 302usbを介した場合で調べてみました。

また、PS4のコントローラーのイヤホンジャックに直接マイクを繋いだ場合とBehringer Xenyx 302usbをPS4本体に接続してマイクを繋いだ場合でも比較してみました。

安いPCマイクでもPCに直接繋ぐよりはクッキリとした音声で録れる

私はお世辞にも良いマイクは使っていません。数千円の激安マイクです。

ですが、それでもPCのイヤホンジャックに直接マイクを繋ぐよりはBehringer Xenyx 302usbを間に繋いだほうが音声がクリアに聞こえる気がします。

また、音量も大きめに録れるのでゲーム音と同時に音声を載せる必要があるゲーム実況では助かります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PS4に繋げればシェア機能を使用したブロードキャストや動画(ビデオクリップ)の作成がしやすくなる

PS4に繋げばオーディオインターフェイスを使ってマイク音量を調整できます。PS4の機能だけで音量を調整しようとするとマイク感度をいじるしかありませんので勝手が悪いです。

それにコントローラーにマイクを挿して使っていると少し大きな声を出してしまっただけで音が割れてしまいます。だからといって、マイク感度を下げすぎると音量が小さすぎてしまうのでゲーム音にかき消されてしまいます。どうしてもPS4の録画機能って声が小さめになりやすいです。

でも、Behringer Xenyx 302usbがあるおかげで通常よりも声がしっかり録ることができます。もし、YouTubeやTwitchでのブロードキャスト(配信)中に視聴者から声が小さい、大きいと言われてもゲームを中断せずにパッと下げることが可能です。

メインボリュームの調整、ゲインの調整も可能ですので音は割と大きめに録ることができますよ。

PS4に繋ぐと少しだけピーという音が入る時がある

音質面で少し気になるのはPS4に繋ぐと、たまにピーという小さい音が入るときがあります。

無音のとき、BGMがないゲームを遊ぶときは気になるかもしれません。

ですが、BGMや効果音があるゲームであればゲームが始まってしまうと聞こえなくなるので大丈夫だと思います。(もしかすると使うマイクなど環境によっては聞こえないかもしれません。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

録音・音質以外で気づいたこと

さて、それではマイクの音質以外を見ていきましょう。

音質はこの価格帯でこれだけ録れれば充分ですので何も文句はありません。良い買い物だったと思っています。

ただ、ちょっと気になってる点があります。

本体の底にゴム足が無いから滑る

Behringer Xenyx 302usbは本体の裏、底にゴム足がないんですよ。

そのため、マイクを差し込む際やボリュームのツマミを操作する際に本体が滑ってズレてしまうことがあります。

ちょっと横に力が入ってしまうとズルッ!といくので注意が必要です。ホームセンターや百均などで滑り止めの小さいシート、マットを買うといいかもしれません。ここは自分の工夫でなんとかなると思います。

本体サイズは文庫本、単行本くらいですから机の上に置いていても邪魔になりません。キーボードの横にスッとフィットしました。

しばらく使ってるとボリュームのダイヤルにガリが出てくる”らしい”

私はまだ買って間もないのでまだわからないのですが、レビューを見ているとボリュームを操作した際にガリが出るようになったというコメントを見かけました。

ガリというのはツマミをクルクルと回した時にガリガリと音が入ってしまうことです。

音量を一度決めたら収録中、配信中は操作しないのであれば問題ないでしょうが、こまめに調整するのであれば問題ですね。

ガリが発生してもしばらくはクルクルと回すことでガリが無くなるらしいですが、長く使ってると対処できなくなるようですね。もし、私もガリが出るようになったら記事に追記したいと思います。この記事に追記するまではガリはまだ出ていないと思ってもらえればいいかと思います。

安くて性能も充分なのでオーディオインターフェイスの入門用にオススメ

はい、今回はアナログミキサー、Behringer Xenyx 302usbの音質や使ってみた感想を書いてみました。

他の有名なオーディオインターフェイスと比べると価格が安いので心配な人も多いと思いますが、性能は充分だと思います。PCやPS4に直接マイクを繋いでゲーム実況をやってる人はすぐ買ったほうがいいと思います。

PS4だけでも使えるというところも嬉しいですね。どうしても標準の機能だけではマイクの面で不安が残るので。

まだオーディオインターフェイスを買ったことがないという人の入門用にオススメだと思います。

ゲーム実況:機材・ソフト実況の録音
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲームイズベスト | ゲーム・エンタメ情報ブログ
タイトルとURLをコピーしました