【CoD:BO4】バトロワの操作方法まとめ【BLACKOUT】

Call of Duty: Black Ops 4 Private Beta

CoD:BO4のバトルロイヤルモード、BLACKOUTの操作方法を簡単に記載しておきます。

※操作方法と言いましたが何ボタンで銃を構えて、何ボタンで撃つとか、何ボタンでジャンプというような基本的な操作については省略します。ご自分の設定によって異なりますので。

オプションのボタン配置を見ることで確認できます。キャラクターの操作が分からない人はボタン配置を確認いただければと思います。

ですので、今回の記事ではボタン配置だけでは分かりづらいウイングスーツの使い方や武器の拾得方法、武器アタッチメントの取扱方法などをまとめています。

スポンサーリンク

武器装備アイテムの拾得、装備について

Call of Duty: Black Ops 4 Private Beta

BLACKOUTはバトロワですので武器は現地調達、倒した敵からも武器装備を奪うことができます。基本は落ちてるアイテムの近くでPS4なら四角ボタンを長押しすることで拾うことが可能です。

武器のアタッチメントも拾えますが、そのまま武器に装備することも可能です。武器を装備してる状態で四角ボタンを押してアタッチメントを拾うと装備してくれます。また、三角ボタンを押せば装備せずに所持品のバッグに入れることも可能です。アタッチメントの取り付け取り外しはメニュー画面の所持品から行えます。

アイテムの拾い方、敵の所持品から貰う方法、装備の仕方については下記の記事に詳細をまとめています。

乗り物の操作方法

Call of Duty: Black Ops 4 Private Beta

BLACKOUTにはトラック、バギー、ヘリ、ボートの4種類の乗り物が登場します。バギーやトラックなどはスティック操作で加速減速、ハンドル操作を行います。他のゲームではR2でアクセルなどの操作が多いので最初は慣れないかもしれません。

ヘリについてはR2で上昇、L2で下降と他のゲームと似たような操作になっています。乗り物乗車時に画面左にボタン配置が表示されますのでそれもご確認ください。

乗り物の操縦については下記の記事にまとめています。

体力の回復方法

Call of Duty: Black Ops 4 Private Beta

通常のマルチプレイも自動回復が無くなりましたが、BLACKOUTも自動回復はありません。ダメージを受けたら自分で包帯や医療キットを使って回復する必要があります。

基本は治療アイテムを装備した状態で治療ボタンを長押しすれば回復可能です。ただし、無防備になりますので隠れてから回復しましょう。ですが、敵に追われてるときなどは走りながら回復することも可能です。走りながらでも治療ボタンを長押しすれば回復してくれます。

回復方法については下記の記事で詳しくまとめています。

ウイングスーツの使い方

Call of Duty: Black Ops 4 Private Beta

BLACKOUTのマッチ開始時にウイングスーツで下降しますが、着地した後でもウイングスーツを使うことができます。

BLACKOUTも落下ダメージがありますので高い位置からジャンプする場合は忘れずにウイングスーツを開いてください。高い位置からジャンプしたらジャンプボタンを長押しすることでウイングスーツを使ってくれます。

自分で操縦しているヘリから飛び降りるときもウイングスーツが使えます。パラシュートはありませんが、落下ダメージは受けませんのでご安心を。

ゲームモードについて「ソロスクワッドをプレイする方法」

Call of Duty: Black Ops 4 Private Beta

ゲームモードは基本的にソロ、デュオ、スクワッドの3つが用意されていますが、ソロスクワッドなどをプレイすることも可能です。

ソロスクワッドとは本来4人1組でプレイするスクワッドモードを1人だけでプレイすることです。フレンドがいない場合、通常であれば野良で残りの3人を募集(マッチング)するのですが、ソロスクワッドは1人だけで4人組の人達と戦います。

キャラクター選択画面にて他の部隊に合流をオフにすればソロスクになります。

チームデスマッチやドミネーションのような通常のマルチプレイと違う部分が多い

Call of Duty: Black Ops 4 Private Beta

バトルロイヤルモードBLACKOUTは他の通常のマルチプレイ、チームデスマッチやドミネーションとは操作方法が違う部分が多いです。

特にバトロワは武器装備が現地調達の為、装備の変更などマルチプレイではロビーにて予め行っているクラス作成を現地で行う必要があります。

武器の拾得、装備、回復などスムーズにできるようにして無防備な状態を少しでも減らせるようにしましょう。最初は人気のない場所に降りて家の中などで練習しておくといいかもしれませんね。マップの端のほうの小屋などに降りれば人はほとんど来ませんので。