ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの「オープンエアー」ってどういう意味?オープンワールドでいいのでは?

zelda

ゼルダの伝説最新作「ブレスオブザワイルド」のPVを見た。広い世界をロード無しで自由に動き回れる感じだったので、オープンワールドなんだろう、と思っていた。

ところがオープンワールドではなく、オープンエアーらしい。オープンエアーってなんなのだろうか。

OpenAir、直訳すれば「野外」、「露天」、「外気」。今回のゼルダの伝説なら野外という意味がちょうどいい気がする。

正直、オープンワールドでいいんじゃね?って思うが(笑)

photo credit: Legend of Zelda via photopin (license)

スポンサーリンク

オープンエアーという言葉は定着するだろうか?

ファミ通の記事によると、

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、“Open Air(オープンエアー)”という、自由に壮大な世界を探索できるゲーム性、それに合わせて制作された音楽と魅力的なアートスタイルが特徴となる。なお、グラフィックは、リアルでもセル画調のアニメーションでもない独特のグラフィックで、淡い色使いながら、ほかにない独特の世界を作り上げているそうだ。
ファミ通.comから引用)

ということらしいが、オープンワールドと何が違うの?というのが正直な意見だ。

ロードが無く、シームレスに広い世界を動き回れるゲームのことは世間ではオープンワールドという名称が定着してしまっている。果たしてここから新しくオープンエアーという言葉を作ってもゲーマーに馴染むだろうか。

「オープンワールドのゼルダ」の方がしっくりくる気がする。

それにこの記事を書き始めるまでオープンエアーではなく、「オープンエナー」と見間違えていた(笑)それくらい馴染みがない言葉なのだ。

他のゲームメーカーとは違うことをしたいのでオープンワールドではなく、オープンエアーという言葉を使ったのだろうからどの辺りがオープンワールドと違うのか今後の情報に期待したい。

【E3 2016関連記事】

スポンサーリンク

SNSでこの記事をシェアしてくれると嬉しいです!

ABOUTこの記事をかいた人

ワタセ コウイチ

Game is Best(ゲームイズベスト)管理人の渡瀬 公一(ワタセ コウイチ)です。最近は遊戯王デュエルリンクスにハマっています。粉砕!玉砕!大喝采! ※名前は本名ではありません。ハンドルネームです。