Rise of the Roninまとめ

ライズオブザローニンは死にゲーではない。

2024年3月6日 ゲームイズベスト

Rise of the Roninは仁王やウォーロンのTeam NINJAが開発を担当しています。

Team NINJAのゲームと言われると高難易度のいわゆる「死にゲー」をイメージしてしまうのですが、今作は死にゲー路線では無いようです。

Rise of the Roninは死にゲーではない

Rise of the Roninは仁王やウォーロンなどの死にゲーとは違う軸でチャレンジしていきたい気持ちがあったとのこと。(情報元:ファミ通.com電ファミニコゲーマー

とは言ってもアクション性の高いゲームということですので、アクションゲームが苦手という人には難しく感じる部分もあるかもしれません。死にゲーじゃないって聞いてたのにプレイしてみたら難しいじゃないかという意見も出ると思います。(人それぞれ感じ方、ゲームの腕前は違うので仕方ありません)

ですが今作は難易度をEASY、NORMAL、HARDから選択できるようですので安心していいと思います。物足りないと感じる方はハードを選択すればokですし、難しく感じる場合はイージーを選ぶのもありだと思います。

ゲームプレイ動画を見た感じも高難易度の死にゲーというわけでは無さそう

YouTubeにゲームプレイ動画が公開されていますが、見た感じでは超高難易度の死にゲーというわけでは無さそうです。

難易度を上げると違ってくるのかもしれませんが、一瞬も気が抜けないような戦闘ということではないように感じました。とは言っても単調というわけではなく武器の種類や流派も豊富な為、様々な戦い方が楽しめそうです。刀だけでなく、薙刀や銃、手裏剣なども使えるようですし。

あとは被ダメにも注目してみたいと思います。永倉新八との戦闘、相手の体力ゲージが大きく表示されていますので、おそらくボス戦ですが主人公の被ダメを確認してみましょう。画面下の白いゲージがおそらく体力、HPだと思います。薄緑色は気力かと。この時の被ダメを見てみましょう。

Rise of the Ronin
Rise of the Ronin

赤くなってるゲージが被ダメです。ノーガードで攻撃を受けてこれくらいですので、装備にもよるかと思いますが死にゲーとまでは言わないかもしれません。攻撃を受けているシーンが動画にあまり無かったので微妙なところではありますが。

公式のプレイ動画ですので難易度はおそらくノーマル相当ではないでしょうか。イージーなら、さらにラクに戦えるかと思うので大丈夫だと思います。

とか言って実際はガッツリ死にゲーだったらゴメン!その時は何度もゲームオーバーになって覚えながら幕末を生き延びよう

公式がインタビューで死にゲーとは違うって言ってるし、動画を見た感じもそこまで無さそう。と言っていたにも関わらず、実際プレイしてみたら死にまくりだったというパターンも想定して保険をかけておきます。

あくまでも発売前の事前情報&動画を見ての予想です。もし、死にゲーだったらゴメンナサイ。その時は一緒にゲームオーバーを繰り返して覚えて一緒に頑張りましょう。(一応、発売後にプレイしてみて実際はどうだったか追記します)

御免!!

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥7,345 (2024/04/19 15:49時点 | Amazon調べ)

広告

-Rise of the Roninまとめ