【噂】RDR1リマスター版の開発に期待高まる。韓国のGRACがレーティング情報を更新

レッド・デッド・リデンプション

韓国のゲーム物管理委員会(GRAC)が最近、レッドデッドリデンプション1(RDR1)のレーティング情報を更新したことから、RDR1のリマスター版が開発中ではないかとの噂が広まっています。

広告

RDR1は2010年にPlayStation3とXbox360向けにリリースされた西部劇のゲームであり、開発はロックスターゲームスが手掛けました。その続編であるRDR2も既に発売されています。RDRシリーズはGTAと同じくオープンワールドゲームですが、個人的にはGTAよりも深みのあるストーリーが魅力だと感じています。

しかし、RDR1のPC版やPS5、XboxSeries X|Sへの移植やリメイクに関する公式な発表はまだされていません。過去には噂が出ていましたが、具体的な情報はないままでした。

今回、GRACが新たな評価情報を登録したとのことで、RDR1のリマスター版の噂が再び浮上しています。登録情報にはコンソールタイトルを示す「CC-NV-230615-001」という分類番号が付けられていますが、PC版の存在に関しては明言されていないため、確定的なことは言えません。

とはいえ、RDR1をPS5やXboxSeries X|Sでプレイできる可能性が高まったことは、ファンとしては喜ばしいニュースです。まだ噂の段階ではありますが、実現の可能性はかなり高いのではないかと期待しています。

広告

リマスターと言われても、それがGTAトリロジーのような単純なグラフィックの向上だったのか、あるいはRDR2のようなグラフィックに近いリメイクになるのかは分かりません。以前他社が行ったCoD:MWのリマスターは実質的なリメイクでしたので、その例を挙げることもできます。(リブート版の方ではない)

GTAトリロジーでは複数の作品が一括でリマスターされましたが、RDR1の場合、単体ならリメイクの要素が強くなる可能性もあるかもしれません。

さまざまな憶測を巡らしながら述べてきましたが、本当にRDR1の新バージョンがリリースされることを心待ちにしています。再びジョンやおじさん、アビゲイル、ジャックたち、そしてランドン・リケッツに会えることを願っています。

【追記】PS4版とSwitch版のRDR1が発表されました。ただ、リマスターやリメイクではなく、移植のようです。でも、現行機でもRDR1が遊べるようになるだけでもOKです。

RDR1がPS4とスイッチで発売と発表!さらにアンデッドナイトメアも収録

DL版の発売日は8月17日、パッケージ版は10月13日に発売予定とのことです。価格は49.99ドル。

広告

※11月9日に延期と発表されました。また、PS5でPS4版を遊べば60fpsにできるようです。

テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
¥5,131 (2024/07/19 18:15時点 | Amazon調べ)
Take 2 Interactive
¥5,373 (2024/07/23 02:51時点 | Amazon調べ)
広告