【MGS5:TPP】トラブルメーカーは解雇した方が良い理由

METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN_20150904205607

メタルギアソリッド5ファントムペインでは敵兵をフルトン回収して味方の兵士にすることができます。兵士はそれぞれにパラメータが設定されていて優秀な兵士を回収すると研究開発班などのレベルを上げることができ、強い武器の開発もできるようになります。

双眼鏡にアナライザー機能をつけたら双眼鏡で見るだけでその兵士の能力を調べられます。

ある程度ストーリーを進めるとA++などの兵士があちこちにいますので、各班のレベルも上がりやすくなります。

でも私はどんなに優れた兵士でも「トラブルメーカー」のスキル?を持ってる兵士は迷わず解雇しています。

スポンサーリンク

トラブルメーカーがいると負傷者が出るから

トラブルメーカーの兵士は同じ班の兵士にケガを負わせたり、PTSDに陥ってしまったりします。つまり医療班に連れていかれ各班に配置できなくなります。

トラブルメーカー一人のせいで他の兵士に迷惑をかけてしまいます。何も考えずにトラブルメーカーを配置していたら兵士がトラブルで負傷してしまい、治療中と表示されることが多くなりました。

常に誰か負傷してしまうよりは、トラブルメーカーは回収しない、トラブルメーカーの志願兵はすぐ解雇するようにしたほうが良いと思います。

ムードメーカーを配置すればトラブルを防いでくれる

トラブルメーカーは味方の兵士をケガを負わせたりしますが、ムードメーカーがいればトラブルになるのを防いでくれます。

じゃあ、トラブルメーカーでも優秀な兵士なら解雇しなくていいじゃんと思われますよね。

でも私としては面倒で(笑)

そこまで考えながら配置するのはちょっと・・・という感じがしています。それくらいなら解雇した方が楽な気がします。他にも優秀な人材はいますので。

兵士の配置を考えるのが面倒な人はトラブルメーカーは解雇しよう

MGS5TPPで兵士の配置を考えるのが面倒な人はトラブルメーカーは全て解雇するようにすると楽でしょう。また、志願兵の中にトラブルメーカーがいたら例えレジェンダリーソルジャーでも解雇しましょう。

色々考えるのが面倒なので(笑)

PS

こんな社長(ビッグボス)が現実でいたら大変ですよね(笑)トラブルメーカーが就職難に陥ります。

【MGS5:TPP関連記事】

スポンサーリンク