【フォートナイト】敵に与えたダメージ量の色の違いとは?

Fortnite

フォートナイトは敵に攻撃を当てるとダメージ量が数字で表示されますよね。

どれくらい自分が当てれたのか分かるので良いシステムだと思います。あともう少しで倒せそうとか、全然当たってないか分かりますからね。

ただ、ダメージ量を表す数字に色がついていますよね。白だったり、黄色だったり、青(水色)だったり。

ダメージの色は何を表しているのでしょうか。

スポンサーリンク

ダメージ量を表す数字の色の違いとは?

数字が白色の場合

シールドが無い敵にダメージを与えた場合は白色でダメージ量が表示されるようです。

敵にダメージを与えて数字が白だったらもう少しで倒せると思っていいでしょうね。私はそれで油断して青ポンプでヘッドショットされましたが(笑)

油断は禁物です。

数字が青色の場合

シールドがある敵にダメージを与えた場合、ダメージ量が青色で表示されます。

シールドがあるというのは敵がシールドポーションやチャグジャグなどを飲んでいる状態です。体力ゲージの上に青色のゲージがありますよね。あれがシールドのゲージです。あれが減っているのでダメージ量が青色、水色で表示されるようです。

ですので、白色とは逆で青色だと敵の体力はまだたくさんあると思ったほうがいいでしょう。

ただし、シールドが100の状態でも体力は10のことだってあります。それならシールドだけ剥ぎ取ってしまえば残りの体力は10ですのですぐ倒せます。ここが難しいところですね。

数字が黄色の場合

数字が黄色の場合はヘッドショットです。敵の頭に銃の弾が当たったことになります。胴体や足のように他の部位に比べてダメージ量が格段に違います。特に青ポンプならほぼ一撃で倒せます。

余裕があるのであれば頭を狙っていったほうがいいでしょうね。そのためにジャンプ撃ちをしたり建築で上を取ったりするわけですので。

ただ、やっぱり難しいですね(笑)まずはしっかり初弾から当てることを意識したほうがいいと思います。あとはエイムアシストを最大限に活用するか。

ダメージ量の数字が白だったらゴリ押しでOK?

今回はフォートナイトでのダメージ量を表す数字の色の違いについてお話ししました。

敵の体力が白になっていたら敵が建築をしてもゴリ押ししたほうがいいかもしれません。もしかしたら残りが10とか5かもしれませんからね。相手も体力が減れば焦りが出ると思いますので。

ちなみに敵から攻撃を受けたときにどの方向から攻撃を受けたのか画面上に表示されますよね。あの色も青ならシールドが削られたということで、赤なら体力が減ったことになります。

でも、ちょっとのダメージでも表示されるので焦るんですよね(笑)ガッツリもっていかれたような気がして。体力ゲージを見るとほとんど減ってなかったりしてホッとするんですが。なかなか冷静に行動するのは難しいです。