MGS5GZにサプレッサー付きの武器が少ない理由

METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES_20141215021656

メタルギアソリッド5GZはプロローグということもあり、武器の種類が少ないですよね。サプレッサー付きの銃も少ないので無駄弾を使ってしまうとすぐサプレッサーが壊れて無くなってしまい、銃を使う事ができなくなります。

サプレッサーだけでもどこかの武器庫にあるのでは?と思ってネット検索で武器情報を検索する人が多いと思います。
でも、残念ながらサプレッサー単体ではありませんよね。

その為、アサルトライフルの「AM MRS-4 RIFLE」か、サブマシンガンの「SZ.-336 SMG」を大事に使うしかありません。ここがMGS5GZの残念なところと思う人も多いと思います。

でも、私はサプレッサーがMGS5GZに少ない事を逆に良い事だと思うようにしました。

スポンサーリンク

サプレッサーが少ないおかげで狙う練習になる

サプレッサーがすぐ壊れてしまうので、無駄弾を使わないようにする必要があります。その為にはきちんと狙う必要がありますよね。

サプレッサーが少ないおかげで狙う練習になると思います。外していたらすぐサプレッサーが壊れてしまうので、発砲音で敵に気付かれてしまいます。

ヘッドショット率が上がった

あまり外せないと思ってプレイしているので、ヘッドショット率が上がりました。

サプレッサーを付けた状態で余程、暴れまわらない限り壊れることは無くなりました。

MGS5TPPの練習だと思って射撃の精度を上げよう

せっかく本編発売前にMGS5GZがプレイできているのですから、銃の扱いに慣れておきましょう。

GZで敵をヘッドショットでバンバン倒せるようになっておけば本編が発売されたときも、簡単にプレイできると思います。

サプレッサーが無い事がイヤだと思わずに、逆に射撃の精度を上げることに力を入れてみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

ワタセコウイチ

Game is Best(ゲームイズベスト)管理人のワタセコウイチです。FPSが大好物。CoDWWII発売が楽しみ!※名前は本名ではありません。ハンドルネームです。プロフィール画像はコナン顔メーカーを使用。