弟者のMGS5:TPP実況が完結!

METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN_20150904205607

弟者さんによるメタルギアソリッド5ファントムペイン実況が終了しました。

昨日、「弟者のMGS5:TPP実況が面白い理由」という記事を書いた直後だったので終わってしまい少し寂しい気持ちもあります。

とは言ってもストーリーが終わってしまった以上は仕方ありません。(もしかしたらクワイエットのサイドオプス実況もあるのでは・・・?)

今回は弟者さんのMGS5:TPP実況を見終わった感想などを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

弟者のMGS5:TPP実況を見終えた感想など

最初に書いておきますが、今回の記事はファントムペインのネタバレを含みますので、弟者さんの動画を見終えた人、TPPをクリアしたことがある人だけ読み進めていただいた方がいいと思います。

スネークが喋らない分、弟者が喋ってくれた

まず今作のスネークはあまり喋りませんでしたよね。カズやオセロットのセリフは多かったですが、スネークのセリフがほとんどなかった気がします。

まぁ敵地に潜入している途中なのにベラベラ喋ってるというのは不自然かもしれませんので、喋らないのが普通なのでしょうが。過去作のMGS2などはナノマシンがありますので声を出さずに無線連絡がとれていました。だから潜入していても喋り放題だったと思うことにしています(笑)

それともうひとつは今作のスネークが本物ではなかったという点ですね。これが1番の理由なのかもしれません。他にも噂では海外の声優さんのギャラが高すぎるからとか色々ありますが(笑)

こんな感じでスネークがほとんど喋らないため、自分でプレイしていては物足りない感じがした方もいたかもしれません。でも、そのスネークの口数が少ないという点を弟者さんがカバーしてくれた気がします。この辺でこう言ってほしいなと思うセリフを弟者さんが全て喋ってくれた気がします。

地声がスネークに似てるからこそだと思います。

弟者こそがBIGBOSSだ!

最後のミッション「世界を売った男の真実」で実はファントムペインのヴェノム・スネークは本物のBIGBOSSではなく、影武者でGZのときにヘリに同乗していたメディックだったということが分かりました。このメディックの声って実はGZの時から大塚明夫さんが担当されていたんですよね。スネークとは声を変えていましたが。

ここが1番、弟者さんにピッタリなストーリーだったなーと思っています。弟者さんはスネークに声が似てる、でも本物ではない。それでもスネークのようなセリフを言ったり、スネークばりの戦闘をしたりする。まさにヴェノム・スネークは弟者さんだ!と思ってしまいました。

病院で写真の裏に「Good Luck! Otojya is a pen Vic Boss」と書いてあった時や、オセロットから受け取ったパスポートに「Otojya is a pen」と書かれていたのを見たときはニヤリとしてしまいました。

FPSだけじゃなくTPSも上手いね!

弟者さんと言えばCODやBFなどのFPSが得意なことで有名だと思いますが、今回のメタルギア実況を見てTPSも上手いと実感しました。それから粘り強さもありますよね。エクストリームのミッションなどは私なら諦めてしまいそうです(笑)あれだけスカルズやクワイエットに倒されてしまっては心が折れてしまいます。

あと、やっぱり見せ方も上手いですね。ただミッションをクリアするだけではなく、バディや装備を活かして戦っています。弟者さんの動画を見て学んだこともありますね。攻略本より弟者さんの実況動画を見た方が良い気がします!

弟者の実況を見終えたことでTPPにも満足できた

MGS5:TPPは未完成とも言われているゲームです。第三章の蝿の王国が映像だけになっていたり、色々と不満はあるかもしれません。私自身もクリアした後で物足りなさを感じました。

でも弟者さんの実況を見たことで、満足度が満たされた感じがします。私自身もサイドオプスもすべてやり込んだのですが、それにプラスして弟者さんの実況が加わったことで自分の中での達成率が100%に達した気がします。

弟者さん、実況お疲れさまでした!

PS

「静かなる消失」もプレイしてほしいです(^^♪

【弟者関連記事】

スポンサーリンク