新型PS4が2015年6月下旬から発売!「CUH-1200シリーズ」

newps4_20151108

プレイステーション4の新型(CUH-1200シリーズ)が2015年6月下旬から発売されるようです。価格は現行モデルと同じく39,980円(税抜)となっています。

まぁ、新型と言ってもハードディスクの容量や本体サイズ、機能はそのままのようですね。ただ省電力など初期のものより大幅に改善されているようです。

そろそろPS4を買おうと考えていた人は「CUH-1200シリーズ」を購入されたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

新型PS4と現行モデルの3つの違い

8%の消費電力低減

まずは消費電力が低減されているようです。8%ですかね。

まぁ、正直なところゲームで遊んでいてPS4本体の消費電力なんて気にしたことが無いのですが、実際に低減されているということであれば良い事ですよね。

電気代が少しでも安くなれば(安くなってると思えば)嬉しいです。

10%の軽量化

本体サイズは現行と変わらないようですが、10%の軽量化がされているようです。PS4のような据え置きハードを持ち運びすることはほとんどありませんが、ちょっとPS4の掃除をしたりするのには軽い方が有り難いです。

手入れしながら遊んだほうがPS4が長持ちする気がするので私はこまめに掃除をしています(笑)

【PS4のお手入れに関する記事】

ベイカバー表面にシボ加工

現行のPS4本体はベイカバー部分がツルツルしていて、他の部分はザラザラしています。このザラザラしてる部分のことをシボ加工と呼ぶらしいですね。

このシボ加工がHDDベイカバーにも施されるようです。現行PS4のツルツルのベイカバーは見てる分には楽しめるのですが、本体に触れた時に指紋がつきやすかったり、埃が目立つので少し気になっておりました。(黒いPSVitaという感じですかね)

でもシボ加工がベイカバーに施されることで指紋が目立たなくなりますね。人によっては現行の方が良いと思われるかもしれませんが、私としては新型の方が嬉しいです。

マイナーチェンジだけど新型PS4には魅力を感じる

今回は2015年6月下旬から発売される新型PS4について書きました。

「新型」と聞くと小型化、新機能の搭載など期待してしまう人が多いでしょうが今回は消費電力低減、本体サイズはそのままの軽量化、ベイカバーのシボ加工とマイナーチェンジでした。

現行モデルのPS4でも十分と思う人も多いでしょうが、私としては新型PS4にも十分魅力を感じました。

現在、自分が所持してるPS4本体が壊れたりした場合は修理でも良いですが、新型のCUH-1200シリーズを購入される事を私はオススメします。

【PS4本体関連記事】

スポンサーリンク