フォートナイトで心臓がバクバクしてしまうのを抑える方法を考えてみた

フォートナイト

フォートナイトバトルロイヤルで一番楽しいのは建築バトルだと思います。始めてすぐの頃はほとんどできなかった建築ができるようになってくると楽しいですよね。敵の上をとってショットガンでワンパンできたときは他のゲームでは味わえない快感が得られます。

ただ、心臓バクバクで緊張してしまう辛さもあります(笑)他のゲームでも緊張することはありますが、フォートナイトほど緊張しませんし、フォートナイト以外のゲームはすぐに慣れてそこまで心臓がバクバクすることは無くなりました。

心臓バクバクで緊張した状態から敵を倒せて緊張が一気にはれるのは快感でもありますが、毎回毎回バクバクだと心臓がもちません。

そこで今回はフォートナイトで少しでも心臓がバクバクしない方法を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

まずは場数を踏む

まずは場数を踏むことですよね。これはなんでも同じだと思います。

慣れというものがありますから最初の頃は緊張していたものも繰り返すことで少しずつ緊張が和らぐものです。

戦闘で緊張するならまずはリスポンがあるチームランブルやフードファイト、ディスコドミネーションを何回も遊んで慣れていくといいと思います。

ソロでの緊張をなくしたいなら最終的にはソロをやらないとダメだと思いますけど。味方がたくさんいる大人数モードと自分しかいないソロでは緊張の仕方が違いますから。始めたばかりなら大人数モードから慣らしていくのはアリだと思います。

勝てなくていいと思ってプレイする

ランブルやディスコで戦闘をするときは敵に負けてもいいと思って遊ぶといいと思います。

勝とうと思うから緊張するわけですよね。負けてもいい、どうでもいいなら緊張はそこまでしないのが普通です。

まずは勝つことを忘れて適当に遊ぶことを意識するといいかもしれません。ランブルを1マッチこなして0キルでもいいと思ってやるといいと思います。0キルでも落ち着いてやれれば自分の中で勝ちということにすればいいかもしれませんね。

とは言っても勝つことを意識してしまう

0キルでいいと思ってもプレイする以上は勝ちたいという気持ちが出てくるはずです。

敵が出てきたら緊張するのが普通です。

そこで考えたのが無駄死にしまくるという方法です。

敵にどんどん突っ込んで無駄死にして敵という存在に慣らしていく

ただ、これをやるなら大人数モードやデュオ、スクワッドは控えたほうがいいと思います。味方に迷惑がかかりますので。ソロでやるといいでしょうね。キルレが気になるのであれば、サブ垢を使ってもいいでしょう。

まず、敵に会っても緊張しないようになることが大事だと思います。そのためにはソロで敵にどんどん突っ込んで無駄死にしまくりましょう。デスしに行くと思えばそこまで緊張しないはずです。

とりあえず敵に突っ込んで死にまくる、もっと言えば武器を持たずに資材だけを持って建築で突っ込む。武器を持ってなければ勝てませんから勝とうと意識して緊張しないでしょうし。

これを繰り返したら私は少し楽になりました。負けるたびにロビーに戻されるのでなかなか苦痛ですが、敵に出会った瞬間に心臓バクバクが始まることが減りましたね。

まずは敵に出会っても緊張し始めないようにすることが大事だと思います。

敵に出会って緊張し始めなくなったらゆっくり建築をしてみる

敵に出会った瞬間に緊張し始めることが減ったら次は建築で緊張してミスするのを減らしていきましょう。「ゆっくり建築」を意識するといいと思います。

今回も武器は持たずに資材だけ持って敵に突っ込みます。さっきはとりあえず突っ込んでデスしていましたので今回は建築で敵の攻撃から身を守りましょう。敵の上を取る、敵より有利な位置をキープすることを意識して建築し続けるといいと思います。本当ならそこから武器を使って攻撃しますが、武器を持つとどうしても緊張するんですよ。

武器を持ってないわけですから勝たなくていいです。最終的には負けましょう。(意味が分からないと思いますが、最初から勝てない状況なら緊張しにくいんですよ。どうせ武器がないから勝てない、と思っていれば自然と手の動きが柔らかくなります。)

勝たなくていいので建築をゆっくり丁寧にやっていきましょう。間違って自分の頭の上に床を張ったり、目の前に壁を建てて階段が登れなくなることがないように丁寧に設置します。

相手の建築が速くて上をとられたなら別にいいです。仕方ありません。丁寧に設置できたかだけ考えましょう。どうせ武器は持ってないので勝てないわけですから。

慣れてきたらゆっくり丁寧に建築していたのを「ゆっくり」を無くして「丁寧に建築」にしていきましょう。少しずつ速くすることを意識して。

最後は武器を持って戦う。でも負けていい。

無駄死にを繰り返す、ゆっくり丁寧に建築、を繰り返したら最後に武器を持って戦っていきましょう。

ただし、敵を倒せなくていいです。また負けに行きます。とりあえず負けていいので突っ込みます。丁寧な建築をこなします。

とりあえずは相手より有利な位置をとるために建築します。階段を被せられたりした時に階段の下でジッとしていたり、階段をツルハシで壊そうとするのではなく、必ず建築で上を取り返しに行きましょう。

それで相手のほうが動きが速くてエイムが良ければ潔く負けましょう。これは仕方ないです。慌ててツルハシを振って敵の建築を壊そうとしたり、無理に下からショットガンを乱射するくらいなら堂々と負けましょう。

1マス内でショットガンの撃ち合いになっても無理にジャンプ撃ちはしなくていいです。ちょっと横移動するくらいで丁寧にエイムしましょう。それで負けたら別にいいです。相手がうまかっただけですから。

負けて勝て。なんていう言葉がありますが、本当にそのとおりだと思います。

負けまくると段々と勝たないといけないという緊張が減ってくるんですよね。やっぱり心臓がバクバクする、緊張するというのは勝ちたいという気持ちが強いから出てきてるわけで。

もちろん大きな大会なら話は別ですが、ほとんどの人はそんな機会は無いですし、家で遊んでるだけです。これで緊張しまくっても仕方ないですよね。いかにテキトーに戦闘を考えるかが大事だと思います。

本人の性格もあると思うけど負けていいと思えばかなり落ち着く

心臓がバクバクしたり、手汗をかいたりするのは本人の性格、体質もあると思うので絶対にしないようにするのは難しいかもしれません。

でも、勝たないといけないと思うのを止めるだけでだいぶラクになると思いますよ。

世界大会に出るような人たちだと次元が違うので別ですが、私のように家でのんびり遊んでるだけなら考え方を変えるだけでだいぶラクに遊べるようになると思います。

賞金がかかってるわけでもありませんし、負けても大事になるわけじゃありませんし。どんどん突っ込んで負けに慣れていくことが大事な気がします。まずは突っ込んで負けまくる、丁寧に建築、丁寧にエイムができれば自分の中では勝ちとしましょう。

負けていい、負けに行くと強く意識することが大切じゃないかと思います。