フォートナイトの民度が低すぎる理由を考えてみた

Fortnite

フォートナイトは人気のゲームですが、民度も低いですよね(笑)

TPSではありませんがFPSのCoDもなかなか民度が低いですが、フォートナイトはそのCoDも超える民度の低さだと思います(笑)

以前、民度の低いオンゲーはFPSだという記事を書いたことがあったのですが、撤回しようかと考えてるくらいです。

それはさておき、今回はフォートナイトの民度が低い理由を考えてみました。

スポンサーリンク

理由その1:プレイ人口が多すぎるから

まずは、やっぱりこれだと思います。プレイ人口の多さですね。圧倒的に他のゲームよりプレイ人口が多いですから。無料でPCかゲーム機、スマホがあれば遊べるのでほぼ誰でもプレイ可能です。人数が多ければそれに合わせてマナーの悪い人も増えるでしょうからね。

現実世界でもマナーが悪い人はたくさんいるのに、ゲームとなれば顔も名前も分かりませんから余計に普段は我慢してる部分が出やすいはずです。(オンラインIDは出てもどこの誰かまでは分かりませんからね)

今までオンラインゲームは全くプレイしたことがないという人もいるでしょうから、オンラインゲームとオフラインゲームの違いが分かってない人もいるはずです。頭では分かってるつもりでもNPCのつもりでプレイしてしまえば嫌な行為を他のプレイヤーにしてしまう人もいるでしょう。

また、プレイしてる人の年齢もあると思いますね。フォートナイトは撃ち合いのゲームですが、グロい部分が無いので子どもでも遊べます。子ども達が多いというのもひとつの原因かもしれません。オンラインゲームの経験など少ない子もいるでしょう。

違反のチーミング行為すら悪いことだという自覚がない子もいるようですし…。

でも、大人でも子どものような人もいますので絶対に子どもがマナーが悪いとは言えません。子どもでもしっかりしてる子はしっかりしてますので。年齢で全ても決めてしまうのは年寄りの良くない癖でしょう。

理由その2:煽りに使える機能、エモートが用意されているから

これは公式で用意されてる機能ですから文句は言えませんが、エモートがあるのも大きいと思います。

正直、煽るために用意されてるものだと思いますからね。勝った時に喜びを表すものと考えたいところですが、踊りや音が煽りにしか見えないものも多いですから(笑)エモートで煽られる分には仕方ないことでしょう。

ただ、ダウンしてる敵を囲んでエモートなどの使い方はどうかと思いますけどね。マナー違反のエモートはダメだと言ってる人でダウンしてる敵に対してエモートはOKと言ってる人がいますけど、それは結局、マナー違反じゃないかと私は思います。(価値観の違いもあるでしょうけど。)

いくら公式で用意されてるエモートでもあっさりした使い方をしてほしいですね。囲んでエモートとかダウンしてる敵の目の前でとどめをささずにエモートはネチネチしていると思います。

ビクロイをとった瞬間やビクロイじゃなくても圧倒的に不利な状況から敵を倒せた場合などは使ってもいいのではないかと私は思います。建築バトルの長期戦を制した場合などもいいのではないかと。これも私の感覚ですから人によってはマナー違反だ!と言うかもしれませんが。

その行為、エモートを大勢が見てる前でもやれますか?と考えてみると判断しやすいのではないでしょうか。まぁ、メンタルが強い人はどんな行為でもできてしまうのかもしれませんが。。。

キャラクターの姿が倒された後に消えてしまうのはせめてもの救い

今回はフォートナイトの民度が低すぎる理由を考えてきました。

やっぱりプレイ人口の多さ、無料で大人から子どもまで誰でもプレイできる、煽りに使えるエモートが用意されてる点でしょうか。

まぁ、エモートは使い方さえネチネチしていなければ、公式で用意されてる操作ですので問題ないと私は思いますけどね。

せめてもの救いは倒された後のキャラクターの姿が回収されて消えてしまうところでしょうか。他のゲームはキャラクターの亡骸が残ってしまいますので死体撃ちをする人が多いですから。フォートナイトは残らないので死体撃ちできませんからね。

まぁ、多めに撃ったり、キャラが倒されたであろう場所を撃ち続ける人はいますけどね。これは悲しい人だと思ってスルーしましょう。

しかも、敵だけではなく、味方にも危害を加える人がいますからね。わざと足場を壊してダウンさせて煽ったり。初めて見かけた時はフレンド同士でふざけてるのかと思ってましたが(それもダメだけど)、わざとやる人って多いらしいですね。フレンドリーファイアが無いのでまだマシですが、落下ダメージは関係ないので受けますし。

マナーの悪い人と遭遇するのはオンラインゲームでは付き物だと思って諦めるしかありませんね。現実よりはゲームではスルーしやすいですから。