2018年のゴールデンウィークにオススメのPS4ソフトを紹介します

ゴールデンウィークにゲームをする男の子たち

また今年2018年もゴールデンウィークがやってきますが、皆さんはGWのご予定などは決まっていますか?

せっかくの連休ですからどこかに遠出したくなる気持ちもあると思います。とは言っても、どこに行っても観光客が多く渋滞して混雑が予想されます。人混みに疲れるくらいなら家でゆっくりしようかなと思ってる人もいるでしょうね。そんな方はテレビゲームはいかがでしょうか。

日頃はお仕事や学校でゲームをする時間がしっかりとれないと思いますのでこのGWを使って何かゲームを1、2本じっくりプレイしてみるのもいいと思いますよ。そこで今回は私がオススメのPS4ソフトを紹介します。

スポンサーリンク

ファークライ5

まず1本目はファークライ5です。一人称視点のアクションシューティングゲームになります。ゲームの舞台はモンタナ、主人公は新人の保安官としてカルト教団のボスであるファーザー(ジョセフシード)を逮捕することが目的です。

カルト教団を倒すために地元のレジスタンス達と協力していくことになります。ゲームは常に一人称視点で進行するため他のゲームよりも臨場感が違います。グランド・セフト・オートのようなオープンワールドの世界を舞台に自由に駆け回ることが可能です。

どの地方、どのミッションから攻めるかはプレーヤー次第

ファークライ5 YES

敵となるファーザーとはいきなり対決するわけではなく、ファーザーの子ども達を倒すことから始まるのですが、誰から倒すかどの地方から攻めていくかはプレーヤー次第です。北でも東でも西でも好きなところから始めてもらって構いません。主人公は車の運転、ヘリや飛行機の操縦も可能。重火器の扱いにも長けているため様々な戦闘スタイルをとることができます。

マップ上には破壊できるオブジェクトなども用意されていたり、それを壊すことで発生するミッションなどもあったりします。

カルト教団のいるカルト基地を開放するミッションなどが用意されていますが、自分ひとりで乗り込んで誰にも見つからないように敵を全滅させるステルスプレイも可能ですし、正面からドンパチをすることもできます。

また、自分ひとりだけでなくNPCを最大で2人まで呼んで一緒に戦うことも可能です。

味方のNPCの中には飛行機に乗ってるキャラや熊や犬など動物もいます。ミッションに応じて呼ぶキャラを変えることでラクにクリアすることも可能です。

NPCだけでなくフレンドとの協力プレイも可能

ファークライ5

また、CO-OPプレイとして他のプレーヤーに協力してもらうことも可能です。

この協力プレイは一部ミッションだけでなく、チュートリアル完了後からエンディングまでを共にプレイできます。アクションゲームが苦手という人も上手いフレンドに協力してもらえばオッケーです。

さらに本編だけでなく、ファークライアーケードという自分でマップを作れるモードもあります。

ファークライアーケードで自分好みのマップを作ったり他の人が作った色んなマップを遊び倒す

ファークライアーケード

このモードではファークライや同じユービーアイソフトのウォッチドッグス、アサシンクリードなどの建物やオブジェクトを使ってオリジナルのマップを作ることができます。

作ったマップは他のプレーヤーにプレイしてもらうことも可能です。もちろん他のプレーヤーが作ったマップでチームデスマッチなどマルチプレイを遊ぶことも可能です。

ファークライアーケードも遊べばほぼ無限に遊び続けることができるゲームだと思います。本編は対人戦ではないので難易度変更も可能です。

FPSが初めてという人はイージーに難易度を下げて遊ぶこともできます。FPSを始めてみたいと思っている人のFPSデビューにもピッタリなゲームだと思います。

他にも戦闘以外に魚釣りを楽しむことも可能です。魚とのファイトなどなかなかリアルでおまけのゲームにしてはクオリティが高いです。

魚釣りなどミニゲーム要素も凄い

他のゲームで釣りというとあわせるだけが多いですが、ファークライ5の釣りは竿やルアーの種類、釣れる魚、リールを巻いたり、ゆるめてラインを切られないようにしたりなど工夫が必要です。

しかも、オープンワールドですから自分で車やヘリに乗って釣りのポイントを探して回ることもできます。ボートに乗って湖の真ん中で釣りを始めることも可能です。しかも、提督と言われる主までいます。ぜひ本編のミッションだけでなく寄り道も楽しんでみてくださいね。

モンスターハンターワールド

2本目はモンスターハンターワールドです。人気シリーズの最新作になります。ゲームが好きな人はプレイしたことがなくても名前くらいは聞いたことがあるのではないかと思います。

今作は久しぶりの据え置き機でのモンハンになっています。しばらく3DSばっかりでしたからね。その分、グラフィックはかなり進化しています。

最大の特徴はエリアごとのロードがないこと

モンスターハンター:ワールド

今作の1番の特徴はマップ、フィールドの全てのエリアがシームレスにつながっているという点です。つまりエリアの移動時にロード(暗転)がありません。

それはモンスターも同じですので別のエリアに逃げようとしてもモンスターが追ってきます。危ないから隣のエリアに避難ということができません。この辺が少しリアルになっています。

大型モンスターが複数同じエリアにいることもあってハチャメチャな展開になってしまうこともありますね(笑)

NPCも日本語で喋るし他のハンターたちもストーリーに大きく絡んでくる

モンスターハンター:ワールド

今作はNPCも普通に日本語音声で喋ります。ゲーム本編のストーリーは古龍渡りの謎を調査することなのですが、調査拠点となるアステラには自分以外のハンター(NPC)もたくさんいます。

これまでのモンハンってあまり自分以外のハンターって目立ってませんでしたけどね。主人公以外のハンターたちもストーリーに大きく絡んでくるのでオフラインのソロプレイでも十分に楽しめます。周りにモンハンを一緒に遊ぶ友達がいなかったり、もう既にクリアしてる友達ばっかりという状況でも自分1人で楽しめますよ。

他のゲームとのコラボもある

モンスターハンター:ワールド

他のゲームとのコラボもよく行われています。

これまではHorizonやストリートファイターとのコラボがありました。リュウやアーロイの見た目に変わる防具などがもらえたり。

これらかもロックマンとかデビルメイクライとのコラボもあるようですのでまだまだ楽しめるゲームだと思いますよ。

新モンスターなどもアップデートで追加されますので。

どうしても出かけたい場所、やりたいことがなければゲームを強くオススメする

ゲームで遊ぶ子供

今回は私が2018年のゴールデンウィークにオススメするゲームを紹介しました。

他にもゴッドオブウォーや、メモリーズオフイノサンフィーユなどもオススメですよ。

ゴールデンウィークに遠出して疲れるのもアレだなと思ってる人も多いと思います。

この機会にじっくり据え置きゲームを遊んでみてはいかがでしょうか。スマホゲームならいつでもできますので据え置き機、PS4でゲームを堪能してみてください。