2018年のE3はいつからいつまで?【E3 2018開催期間/日時/場所/参加費について】

ロサンゼルスコンベンションセンター

ゲームの祭典、見本市といえば東京ゲームショー、gamescom、E3だと思います。この3つの中でもE3が規模的には一番大きいのではないでしょうか。

今年もE3は開催されるようですので新作の発表が楽しみです。特にCoD:BO4が気になりますね。今年もおそらくE3にてプレイ動画は見れると思いますので期待しています。

さて、そんなE3 2018ですが、いつどこで開催されるのでしょうか。

スポンサーリンク

2018年のE3の開催日時や場所など

今年、2018年のE3の開催日時や場所、参加費など概要をまとめておきます。

【日時】

  • 2018年6月12日(火) 11時〜19時(INDUSTRY PASS) 14時〜19時(GAMER PASS)
  • 2018年6月13日(水) 9時〜19時(INDUSTRY PASS) 12時〜19時(GAMER PASS)
  • 2018年6月14日(木) 9時〜18時(INDUSTRY PASS) 9時〜18時(GAMER PASS)

「INDUSTRY PASS」はメディアやVIP、出展者となっていますので日本の東京ゲームショウでいうところのビジネスデイと同じ扱いと考えていいでしょう。ゲーム関連の仕事をしている方など限定となるようです。

それ以外の人は「GAMER PASS」の時間に入ることになると思われます。

【場所】

ロサンゼルス コンベンション・センター

ここも昨年までと変わっていません。

この記事の最初にあるアイキャッチ画像の建物にE3の垂れ幕がかかりますよね。

【参加費】

  • ゲーマー(一般):149ドル(1000枚限定) 249ドル
  • ビジネス関係者:995ドル

と、なっています。

こう見ると東京ゲームショウと比べるとビジネス関係者でなくても高いですね。

安くても日本円で15,000円といったところでしょうか。TGSの場合は1,000円くらいですからね。

TGSより敷居が高いけど一度は行ってみたいE3

さて、今回はE3 2018の概要を調べてみました。やっぱり日本国内のTGSとは違ってE3は海外ですので敷居が高いですよね。英語が苦手な人にとっては辛いことの方が多くなってしまいそうですが(笑)

たしか以前までE3は招待制で誰でも参加できるわけではなかったと思うのですが、数年前からチケットさえ事前に購入しておけば参加できるようになったはずです。

もし、英語が得意、海外なんて余裕、通訳をお願いできる人がいる、ということであればお休みをとって行ってみるといいかもしれませんね。E3の公式サイトのリンクも貼っておきますので興味があるかたはご覧になってください。

スポンサーリンク