【CoD:WW2】SMGが弱体化したらしいけど、どう思う?

Call of Duty: WWII Private Beta

PS4のCoD:WW2ベータテストではサブマシンガン(以下、SMG)が強かったですよね。百式機関短銃が個人的にはお気に入りでした。

中、遠距離でライフル(AR)にも撃ち勝てていたのでライフルの存在意義が分からなくなっていましたけどね(笑)

でも、PC版のベータテストにてSMGが弱体化されたようです。

当然といえば当然なのかもしれませんが、皆さんはSMGの弱体化についてどう思いますか?

スポンサーリンク

SMGだらけで少しうんざりしていたのでSMG弱体化は賛成

確かにSMGは自分でも使っていて強かったのですが、みんなSMGばっかり使っている印象でしたよね。

半数以上はSMGだったのではないでしょうか。そう言ってもいいくらいSMGが多かった気がします。

まるでCoD:IWのLMGのように。

IWは何回パッチがはいってもLMGが強い状態が続きましたよね。それが嫌でIWから離れてしまった人は多いと思います。

今度はCoD:WWIIでSMGだらけになってしまう前にベータの段階でパッチがはいったのは嬉しいです。

強いと思うなら自分もその武器を使えばいいという人もいるかもしれませんが、やっぱりCoDを含めFPSは色々な武器を使って戦うのが楽しいゲームだと思いますので武器のバランスには気をつけてほしいです。

私はPC版は触っていませんのでどれくらい調整されたのか分かりませんが、製品版ではライフルを使う意味が無くなってしまわないことを祈ります。。。

まぁ、武器のバランス調整って1つ何かを調整すれば他の何かが目立ってくるし、難しいのかもしれませんけどね。あまりに弱くしすぎると誰も使わなくなってしまいますし。AWのアムロのように。(あれ?結局アムロって強くなったんでしたっけ?)