CoD:WW2のデッドサイレンス実装は大賛成!その理由とは?

足音を消して歩く人

CoD:WWIIにも過去のCoDで登場した足音を消すパーク「デッドサイレンス」に代わるものが使えるそうです。

SHGのマイケルコンドリー氏がツイートされてます。

WWIIにはパークがありませんので、ベーシック(基礎)トレーニングとして使えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

私はデッドサイレンスは大賛成!モリゾーだらけになるのを防げるからね!

デッドサイレンスの登場は賛否両論あると思いますが私は賛成です。

装備にほぼ必須みたいなパーク(トレーニング)になってしまうかもしれませんが、デッドサイレンスが無いと足音を消して歩くにはディビジョン(師団)を山岳師団にするしかありません。

モリゾー(ギリースーツ)を着たキャラばっかりになってしまう気がします。実際、ベータ版ではモリゾーが多かったです。

毛むくじゃらのキャラばかりの戦場よりはデッドサイレンズを用意してもらった方が私は嬉しいです。

サーチなどは特に足音を消すことが必須になってしまうでしょうから、サーチで山岳師団だらけになってしまいますよね。こうなるよりはデッドサイレンスがある方が良いと思います。

デッドサイレンスを実装するか、モリゾーの足音を消すディビジョンスキルを無くすかのどちらかにしてほしいです。

皆さんはCoD:WW2でのデッドサイレンス実装をどう思いますか?